Tシャツの洗い方・干し方

Tシャツは、夏場によく着る衣類ではありますが、インナーとしてなどオールシーズンで活躍する衣類です。薄手のものが多いですし、洗濯によって伸びたりして、簡単に洗濯できそうで実は結構難しいと感じたことはありませんか?

 

Tシャツは洗濯方法を間違えてしまうと、すぐに伸びたりよれたりして、だらしない雰囲気になってしまいます。Tシャツの正しい洗い方・干し方を知って、いつまでもいい状態のTシャツを維持できるようになりましょう。

 

Tシャツ

 

汚れはきちんと落としておく

 

地肌に直接着ることも多いですし、襟周りやワキなどは汗や汚れがつきやすいです。Tシャツの頑固な汚れは一度染みついてしまうと落ちづらいので、毎回前処理をして部分的な汚れに気を付けてください。

 

襟汚れ用のものや、汗ジミ用の洗剤を使うのもいいですが、素材が薄手の場合は、洗剤の成分が悪い影響を与える場合があります。Tシャツは特に襟周りが伸びやすいので、デリケートな部分として、おしゃれ着洗い用のダメージが少ない洗剤を部分汚れ落としに使ってみるといいと思います。

 

白のTシャツは絶対に別洗い

 

白のTシャツは、美しい白さを保つのが難しいです。白さを保ちたいなら、絶対に別洗いをしましょう。そして、使ってほしいのは蛍光剤です。蛍光剤は白い衣類専用のもので、白をより白くする働きがあります。

 

ただ、色物に蛍光剤を使うと色がくすんだり落ちたりする原因になるので、気を付けてください。白は白だけで、蛍光剤を使って洗ってみましょう。

 

それだけではなく、別洗いしてほしいのは他の理由もあります。色が移ってしまう恐れがあるからです。白は他の色に染まりやすいので、濃い色の衣類と洗うと、簡単に色移りします。移ってしまう前に、白さを保つためにも別洗いが必須です。

 

Tシャツは干すときに形が決まる?

 

Tシャツの伸びやよれは、干すときが大事です。干し方が悪いと、乾いている間に生地が伸びて、襟周りがだらしなくなってしまいます。

 

濡れている状態の生地は、とても伸びやすい状態です。干すときには必ずしわを伸ばして、形を整えましょう。ハンガー干し、もしくは平置きで乾かします。ハンガーで干すときは、重みがかかって襟が伸びないように、できるだけ幅が広く太めのハンガーを使って、かかる重みを分散させてください。

 

面倒かもしれませんが、Tシャツは色落ちせず、伸びていない状態が理想です。お気に入りのTシャツをいつまでも着られるよう、洗い方と干し方には気を付けたいですね。

宅配クリーニング比較ページへ