預ける前にチェックしておくこと

自宅で洗うのは自信がない衣類や、完璧に仕上げたい衣類、しばらく着ないからキレイにして保管したい衣類など…クリーニング業者を利用する人は多いと思います。

 

しかし、せっかくクリーニングに出したのに、何だか納得いかない形で返ってきた…なんてことは避けたいですね。実は衣類を預ける前に、チェックしておくだけで防げるトラブルもあります。

 

預ける前にチェックしておくべきことをご紹介します。

 

預ける前にチェックしておくこと

 

お店の仕組みについて把握しよう

 

クリーニング業者によって、どんな方法のクリーニングをおすすめするかは違います。自分の依頼したい衣類に合ったクリーニングが必ずあるはずなので、公式ホームページなどを見て特徴を知っておくといいでしょう。

 

また、値段もピンからキリまでありますし、仕上がりまでの期間も違います。高級でとにかく丁寧に洗ってほしいというときは、ちょっと値が張っても、そして時間がかかっても、高級衣類専門でクリーニングしている業者に任せたほうが安心です。

 

もちろん金額だけで決められるものではありませんから、ちゃんとお店について調べておくことをおすすめします。

 

衣類のチェックも忘れずに

 

預ける前に、チェックしておかないとトラブルに繋がりそうなことはできるだけ排除しておきましょう。

 

まずチェックしておきたいのは、ポケットです。ポケットの中に、ボールペンやティッシュ、ハンカチなどが入っていないかをチェックしてください。入れたままでクリーニングに出してしまい、返ってきたときにびっくり、なんてこともあります。ハンカチならまだいいですが、ボールペンやティッシュは、他の人の衣類にまで影響する可能性大です。

 

次に、ボタンのある衣類はボタンの状態をチェックしてください。すでにボタンがついていない部分があれば申告するべきですし、とれかけの場合はボタンをつけなおしてから預けるか、反対に外してしまってからお願いしたほうがいいです。

 

ボタンが本当はついていないのに、ついていると思い込んでしまって、返ってきたときにボタンがついていないことで業者側とトラブルになる…という問題はありえます。

 

また、ほつれている部分や破れについても確認して、事前に申告しておきましょう。

 

シミは事前に知らせておかないと落としてくれない?

 

シミがある衣類で、シミを落としてほしい場合は必ず事前に知らせておきましょう。知らせないままで落としてくれると思っている人は多いのですが、指定がない限りはシミ抜きは基本的に行いません。宅配クリーニングではシミ抜きもしてくれる業者もあるようですが、わかりやすいように知らせておくほうがいいでしょう。

宅配クリーニング比較ページへ