選択前の部分汚れの対処法

衣類全体に汚れはついていないけど、食べ物をこぼしてしまった…エリや袖が黄ばんできてしまった…というときはどうやって洗いますか?そのまま洗うだけでは、気になる部分汚れが落ちてくれないので、洗濯機に入れる前にやっておくべき対処法があります。

 

気になる部分汚れをキレイにするための方法をご紹介します。

 

エリ、袖汚れの前処理

襟汚れ
エリや袖汚れは、たいてい黄ばみや黒ずみです。ワキも同じような汚れですね。この汚れは、皮脂を含んでいることが多いです。自分では汗をかいていないつもりでも、知らない間に汗をかいて衣類には染み込んでいるのです。

 

こういう汚れは、事前に部分汚れ専用の洗剤を付けておいてください。最近は、ピンポイントで汚れにフィットするよう、スプレーの泡タイプが発売されています。洗濯機に入れる前につけて、その後洗濯機に入れていつものように洗うだけなので、それほど手間がかかりません。

 

食べ物汚れの前処理

 

食べ物をこぼして汚れてしまったら、部分汚れ用の洗濯洗剤を使うのもいいのですが、漂白剤も使えます。ただ色が落ちる恐れもあるので、目立たないところで一度試してからにしましょう。漂白剤のほうが食べ物汚れは落ちやすいのです。特に油汚れは漂白剤がおすすめです。

 

デリケートな素材の前処理

 

普通の洗剤では素材が傷んでしまいそうな場合、おしゃれ着洗い用の洗剤を前処理にも使います。洗濯機で使うおしゃれ着洗い洗剤と同じでOKです。原液を汚れている部分につけ、素材を傷めないように少しもみこんでください。その後は特別なことは必要ありません。いつも通り洗濯しましょう。

 

それでも落ちない汚れはどうする?

 

前処理をして洗ってみたけど、乾いてから見てみるとあまり汚れが落ちていないような気がする…というときは、もう少し力を加えて洗ってください。デリケートな素材のときはあまり強い力で洗うことはできませんが、それ以外であれば大丈夫です。たとえば、歯ブラシを使って汚れをこすってみるとか、手で強く揉み洗いしてみるなど…工夫しましょう。力の具合は素材によって強弱をつけてください。あまり強すぎると、洗った部分だけ素材が伸びてしまいます。

 

それでもなかなか落ちない汚れには、洗剤を付けた水の中に少しつけおきして、洗剤の成分が馴染んでから洗うと落ちやすくなります。ただ、つけおきすると色が落ちる衣類もあります。色落ちしないかどうか、確認してからおこないましょう。

宅配クリーニング比較ページへ