適切な洗剤量を知っておこう

洗濯の時に、どれぐらい洗剤を入れて洗うべきか…迷ったことはありませんか?今までの経験から目分量で洗剤を使っている人も多いです。しかし、洗剤は洗濯物の量によって適切な量が決まっています。

 

洗濯物の量によって違う洗剤の量をご説明します。

 

基準となる洗剤の量

洗濯洗剤の量
洗剤を買うと、パッケージの裏に洗剤をどれぐらい入れるべきか、記載されています。その量を目安にして洗剤を使えば問題ありません。大体キャップで計量できるようになっているので、いちいち別の容器にいれて計る必要はありません。

 

洗濯機の大きさ・洗濯物の量、水量を合わせて基準は算出されます。基準はその洗剤によって違いがあります。計量キャップには水量の目安がついています。最近は洗濯物を入れて、スイッチを押すと水量がどれぐらいか表示してくれる洗濯機が増えました。その数字をチェックして、水量に合わせて洗剤の使用量を計ってみましょう。

 

洗剤の量が多いとどうなる?

 

洗剤の量を入れすぎると、すすぎ残しの恐れがあります。洗剤が必要以上に入り込んでしまい、洗濯機のすすぎでは落としきれないのです。そのため、洗剤が残ったまま洗濯物を乾かすことになります。洗剤は地肌につくとかぶれを発生させる場合もあり、肌荒れに繋がります。

 

洗剤を多く入れた方がキレイになるかもしれない、と思って洗剤量を多くしていると、知らない間に肌に悪い影響を与えています。

 

洗剤の量が少ないとどうなる?

 

洗剤の量が少なすぎると、やはり洗い残しの恐れがあります。洗剤がきちんと衣類を洗わず、ただの水洗いになっているので洗剤を入れた意味がなくなってしまいます。必ず適切量を守って洗剤を使わないと、洗濯しても汚れが落ちない…と悩む原因になります。汚れが落ちないのも当然ですが、実はニオイ残りも洗剤の量が少ないことが影響しています。

 

ただ、最近は少しの量でもちゃんと洗浄できる洗剤も発売されています。その洗剤に記載されている適切量を守ること、それが汚れをちゃんと落とし、洗剤残りもない一番いい洗濯です。

 

 

洗濯機によって違う洗剤量

 

洗剤量は、縦型洗濯機かドラム式洗濯機かによって、必要量が変わります。ご家庭で使っている洗濯機の種類に合わせて、洗剤量を変えられるようにしましょう。

 

液体洗剤、粉末洗剤など洗剤の種類もいくつかあります。ご家庭によって必要な洗剤量が違うので、どれぐらいの洗剤量がいいのか、今使っている洗濯機と洗剤を一度見直してみてください。

 

 

宅配クリーニング比較ページへ