赤ちゃんの洗濯物について

赤ちゃんのお肌は、とても柔らかくて薄いです。そのため、一般的に使う洗濯洗剤には、肌によくない成分が入っています。肌がある程度丈夫になれば問題ないのですが、赤ちゃんのときはちょっとした刺激で肌荒れを起こしてしまう恐れがあるでしょう。

 

では、赤ちゃんの洗濯はどのようにしたらいいのか、ご紹介します。

 

赤ちゃんの洗濯物

 

別々に洗うのがベター

 

赤ちゃんの肌着や衣類は、別々に洗ったほうがいいという認識をしている人が多く、赤ちゃん専用の洗剤を購入し、単独洗いをしているご家庭が多いです。でも、最近は赤ちゃんでも普通の洗剤を使っていいとか、赤ちゃんにも使える一般的な洗剤があるから気にしすぎなくていいという考えも広まっています。

 

確かにどの考えも間違ってはいないのですが、肌荒れは起きてからでは遅いです。赤ちゃんは肌荒れが起きてかゆいと感じると、かいてはいけないといってもわかりません。そのため、かいて悪化させてしまうことも多いです。肌荒れがひどくなると、大きくなっても跡が残ってしまう恐れがあるので、できるだけ肌荒れが起きないように赤ちゃんの時は気を付けるべきだと思います。

 

可能な限り、赤ちゃんの肌着や衣類は分けて洗ったほうがいいですね。

 

どれぐらい別々に洗うべき?

 

別々に洗っていると、いつまで別々に洗うべきかで悩む人が増えます。目安は、3か月から半年ぐらいですね。ただ、肌が刺激に弱い赤ちゃんの場合は、もう少し長く別々に洗ってもいいでしょう。1年ぐらいは様子をみてください。中には1か月ぐらいでもう大人の衣類と同じように洗うご家庭もいます。

 

これはご家庭によって考えが違うので、親が納得できるまで別洗いをしてみてはどうでしょうか。

 

干すのは外でも大丈夫?

 

赤ちゃんの肌着や衣類は、外干ししても平気なのか、という疑問を感じるパパママも多いです。外の風がキレイとは限りませんので、気になる気持ちもわかります。

 

でも、赤ちゃんの肌着や衣類も、外に干して大丈夫。日光から出ている紫外線には、殺菌効果があります。肌着や衣類の菌が増殖しないように働いてくれるため、嫌なにおいに悩まされなくなるでしょう。部屋干しだと乾いたときにどうしても嫌なにおいが残りますが、外干しだとその心配がありません。

 

外干しがどうしても気になるなら、肌に直接触れる肌着だけは室内干しにしてもいいでしょう。赤ちゃんにとって一番いい洗濯の仕方を考えて、家庭によってベストの方法を考えてみましょう。

宅配クリーニング比較ページへ