衣類に付着する汚れの種類

衣類に付着する汚れには、様々な種類があります。そのため、汚れによって洗剤や洗い方を使い分けないと、落としたい汚れが落ちてくれません。今まで、落とせなかった汚れはありませんか?落とせなかったのではなく、適切な洗剤を使っていなかった、もしくは洗い方を間違えていたのかもしれません。

 

汚れの種類を知らないと、使うべき洗剤や洗い方もわからないので、汚れ落としをする前に、汚れの種類について知っておきましょう。

 

汚れの種類は3種類

衣類につきやすい汚れ
汚れは大きくわけると、3つの種類で分けられています。油性・水性・不溶性です。

 

・油性汚れ

よくある食べこぼしなどですね。油を使った料理は多いので、ほとんどの食べこぼしには油性の汚れが含まれています。ファンデーションやリップなどのメイク汚れも、油性の汚れに分類されます。

 

・水性汚れ

飲み物の汚れや、汗など水分関係の汚れが水性汚れに分類されます。水性汚れは色落ちの原因になりやすいので、放置しておくと汚れた部分だけ色褪せてしまう…という問題も発生します。

 

・不溶性汚れ

油性でも水性でもなく、細かな粒状の汚れのことを不溶性と分類しています。よくあるのは、泥汚れなどですね。子供がスポーツをして汚してきた泥汚れは、不溶性汚れに分類されます。繊維の隙間に汚れが入り込んでいるので、頑固な汚れとなってしまいます。

 

一つのシミに3種類が含まれる?

 

シミ抜きをするなら、油性・水性・不溶性の3種類からどの汚れに分類されるかを考え、落とせばいい…と考えるでしょう。確かに、汚れによって適切な対処法は違います。しかし、実際には3つの汚れが入り混じっている状態のシミも多いです。

 

単純なシミではない場合、クリーニング店で染み抜きをしてもらったほうが、きちんとキレイになってくれます。

 

大事なのはすぐ処理すること

 

どの種類の汚れも、できるだけ早く処理する必要があります。時間が経つと汚れが頑固になり、衣類の繊維の奥まで染み込んでしまいます。そうなると、自宅で落とすのかかなり難しくなるでしょう。

 

場合によっては、クリーニング店でも落とせなくなってしまいます。とにかく早くシミ汚れに対応して、すぐに洗濯やシミ抜きをしましょう。食べこぼしなどの場合、応急処置をしておくとかなりシミが落ちやすくなります。

 

下にタオルなどを敷き、上からたたくようにして汚れを下のタオルに移していきます。それだけでも、ある程度のシミは落ちます。その後しっかりとシミ抜きをしてくださいね。

宅配クリーニング比較ページへ