衣類についてる洗濯表示について

衣類を洗濯する場合、必ずチェックしてほしいのは洗濯の絵表示です。どのような方法で洗濯するのが適切なのか、洗濯の絵表示ですべて知ることができます。絵表示に従わず洗濯した場合、型崩れや縮みなど、衣服が台無しになってしまいます。

 

絵表示が示す意味、従った洗濯方法などをご紹介します。

 

洗濯の絵表示はどのように決められている?

 

洗濯の絵表示は、きちんとテストしたうえで表示するようになっています。JISという日本工業規格があり、テストの方法も定められています。テスト方法に従って洗浄のテストをして、その結果どんな洗濯絵表示が当てはまるか、で決めるような仕組みです。

 

水洗いできる洗濯の絵表示

 

水洗い

まず、洗濯機で水洗いできる場合は洗濯機の絵表示がされています。数字はどれぐらいの温度で洗うといいか、そしてその上に「弱」マークがある場合は、弱い水流で洗ってください、という意味です。

 

手洗イ

洗濯機で洗えないけど水洗いができる場合は、手洗イという表示があります。手洗いマークにも数字が書かれており、それに従って洗う水の温度を決めましょう。洗剤の種類まで表示されていることもあるので、絵表示を見て洗濯をしてください。

 

手洗イ不可

洗濯機でも手洗いでも洗えないものは、×マークがついています。

 

ドライマークの意味

ドライマーク

ドライマークがついている衣類は、ドライでしか洗えないというイメージがあります。実はそうではなく、ドライクリーニング以外の洗濯絵表示もチェックしてください。中には手洗いマークがったり、洗濯機マークがあったりします。その場合は自宅で洗える衣類なので、ドライマークだから洗えないと思わず、自宅で洗ってみましょう。

 

塩素漂白の絵表示

塩素サラシマーク

漂白剤の中で、塩素漂白剤を使ってはいけないかどうか、というマークです。エンソサラシとかいたマークに、×マークがついているものは、塩素系漂白剤は使ってはいけないマークです。キレイにしたいからと塩素系漂白剤を使いたくても、×マークがついている衣類には使わないでください。

 

アイロンの絵表示

 

アイロンマーク

洗濯の絵表示には洗い方だけではなく、アイロンの絵表示まであります。アイロンマークは高・中・低という3種類に分けられます。高は210℃まで、中は160℃まで、低は120℃までです。×がついている場合はアイロンをかけることができません。

 

洗濯の絵表示は、洗う前に必ずチェックしてください。絵表示に従って洗濯をおこなえば、衣類をいい状態で保つことができます。自己流で洗って失敗することがないように気を付けましょう。

宅配クリーニング比較ページへ