頑固な汚れもひと工夫でプロに任せず自宅で落とす方法

毎日来ている洋服も季節の変わり目にはクリーニングに出さなければいけません。
最近では、価格設定が安いクリーニング屋さんも増えてはきましたが、それでも、シーズンごとにクリーニングを出すとなるとかなりの出費となります。
そこで、できるだけクリーニング代を最小限に抑えるためにも、自宅で洗えるものはすべて洗ってしまいましょう。
しかし、家庭での洗濯ではシミや汚れなどがクリーニングに出した時と違い、おちにくというデメリットもあります。
そこで簡単にできる裏技をいくつか紹介していきましょう。

 

まずは、「油汚れ」に関してです。

食事をしているときについてしまった油汚れは、そのまま洗濯機に入れても落ちていないことが多いでしょう。
そんな時には、洗濯機に入れる前に油汚れの部分のビールをかけて置き一定時間放置して、しみこませた後にふき取ってから洗濯機に入れると、しっかりと汚れが落ちています。
量もたっぷりかける必要はなくて、少量のビールをかけておくだけで大丈夫です。

次に、汗などをかいたことによりできる「黄ばみ」の落とし方を紹介しましょう。

男性の場合、仕事の時に来ているワイシャツなどにつきやすいものです。
黄ばみがあると不潔なイメージを相手に与えやすいので、できるだけきれいに汚れを落として真っ白なワイシャツ姿でありたいものです。
方法としては、あらかじめ食器を洗う洗剤を黄ばみ部分に塗布して、ごしごしと汚れを落としてから洗濯機に入れましょう。
このひと手間をするだけで、購入したてのころのような真っ白なワイシャツの状態を保つことができるのです。

ほかにも、血液の汚れが付着した時には、「セスキ炭酸ソーダー」と呼ばれるアルカリ性の粉末の使用がおすすめです。

セスキ炭酸ソーダーを入れたぬるま湯に入れて放置し、水でごしごしとこすれば時間がたってしまった血液の汚れもすぐにとれてしまいます。
セスキ炭酸ソーダーの購入はドラッグストアや通販サイトからの購入がおすすめです。
どれも、簡単なひと手間をすることで「プロにお願いしないと無理かな?」と思うような頑固な汚れもしっかりと自宅で落とすことができます。

宅配クリーニング比較ページへ