自宅での洗濯の際に、注意する点は?

クリーニング屋さんを利用する頻度というものが、私自身、以前よりだいぶ少なくなったように思います。
理由としましては、やはり一番にコストの面です。
お気に入りの洋服も、なるべく自宅での洗濯を心がけております。
その際に注意する点がいくつかあるのですが、

まずひとつは、必ず裏返して洗う事です。

そして、洗濯用のネットに入れ、アクロンやエマール系といった、いわゆる『おしゃれ着洗い』用の洗剤を使って洗濯をしています。

ふたつめの注意点は、洗濯用表示を必ず確認する事です。そちらを確認してから、自宅で洗濯するか、クリーニング屋さんに頼むか、を決めるようにしています。

ドライ表示のものであっても、干し方や洗い方に気をつけるようにすると、おおよその衣類が、自宅でも洗濯が可能だという事に気付きました。
ただ、必ずクリーニング屋さんに頼むものがあります。
それは、表示に『毛』や『アンゴラ』といった、縮む可能性のあるものです。
昔、クリーニング代を浮かせようとして、『毛・アンゴラ』の表示のあるニット系の衣類を、自宅で洗濯したことがありますが、ことごとく縮むはめになりました。
それからというもの、ニット系は必ずクリーニング屋さんにお願いをするようになりました。
これからも、コスト面などもありますため、できる限り自宅で上手に洗濯をしたいと思っております。

宅配クリーニング比較ページへ