自宅でできる簡単染み抜き法

服についたそのシミ諦めていませんか。
例えばこんなシミにがっかりしたこともあるのでは?
・子供の服についた泥や黄ばみなど繊維に入り込んだ不溶性のシミ
・うっかりついてしまったボールペンなど特殊な不溶性のシミ
・化粧中についてしまった口紅やファンデーションなど油分の多いシミ
実はこれらは全部自宅で落とせるんです。

 

今回は汚れ別にご自宅でできる染み抜きの方法をご案内します。

繊維に入り込んだ不溶性のシミ

汗による黄ばみ、泥汚れは男性用スクラブ入り洗顔料で落とせます。
女性用よりもスクラブが大きいので男性用のものがおすすめです。
洗顔料を指にたっぷり取り、指の腹で優しく円を描くように塗り込みます。
ザラザラしたスクラブが繊維の奥まで入って汚れをかきだしてくれますよ。

ボールペンなどの特殊なシミ

ボールペンや花粉などのシミはアルコールジェルで落としましょう。
風邪対策などに玄関においている人も多いのでは?
アルコールジェルはアルコール成分が油分を浮き上がらせ、さらに粘度があるので汚れに密着して落としてくれます。
シミのついた生地の裏側からたっぷりとアルコールジェルをつけて歯ブラシで押し付けるように落としましょう。

化粧品など油分の多いシミ

よくつけてしまいがちなファンデーションやガムなどはクレンジングオイルで落とすことができます。
肌に使うものなので生地へのダメージも少なく速やかに落としてくれます。
クレンジングオイルをたっぷりと塗り歯ブラシで押し付けるように落としてくださいね。

 

いかがでしたか?
汚れごとにきちんと対処すればシミは簡単に落ちますよ。
そのシミ諦めないでくださいね。

宅配クリーニング比較ページへ