ジャンパーを自宅で簡単に洗う

冬物のクリーニング代節約のために、ジャンパーは自宅で洗っています。
ジャンパーの汚れ具合をチェックし、特に汚れている袖口や襟はぬるま湯に浸し、固形石鹸を使って洗います。
充分に濡らした袖口を一旦軽く絞り、汚れ部分に固形石鹸をこすり付けるようにします。
そしてゴシゴシと汚れを落とすように擦ります。襟も同じです。
その後、液体洗剤を表示してある量溶かしたぬるま湯に全体を浸けて、手で押すように洗います。洗うのはこの一回のみにします。
すすぎも同じく手でします。ぬるま湯につけて、洗いと同じように手で押します。2回ほどよく濯ぎ、洗濯ネットに入れて軽く脱水します。
その時にすすぎ残りが気になる時には軽めの脱水を洗濯機でしています。
必ず洗濯ネットに入れます。100円ショップのもので良いので、ジャンパー用に大き目のネットを用意しておくと便利です。
以前に洗濯ネットにいれないで脱水し、穴を開けてしまったことがあるからです。
脱水後はシワが目立つので、丁寧にシワ伸ばしをします。
脱水後のジャンパーは重く、形くずれしやすいです。あまり神経質になる必要はないですが、肩の部分が暑くしっかりしたハンガーで干します。
天日干しにせず、日陰の涼しいところで欲します。
乾いて取り入れ時に、裏返しにして部屋の中でしばらく吊るっておくと尚良いです。

宅配クリーニング比較ページへ