【節約】ニットは自宅で洗濯しよう!

冬に毎日のように着るニット。
自分で洗濯すると生地を傷めてしまうかもしれないから、どんな安物のニットでも高いお金を出してクリーニング店に持っていくのが毎年のパターンでした。
ですが、今から紹介する洗濯方法を使って私はそのクリーニング代を節約することが出来ました。
ドライマークのついているニットなら自宅で簡単に洗濯できるのです。
ただし、カシミヤ、アンゴラ、モヘアなどは水洗いできません。

 

早速、洗面器に30℃くらいのお湯を入れてオシャレ器用の中性洗剤を表示の分量溶かしていきます。
袖口や衿元は皮脂や擦れで汚れているので、原液を直接つけ指でなじませます。
そして、ニットを先程の湯の中に入れ、全体を20回ほど優しく押したら5〜10分動かさずに浸け置きします。
このとき、汚れのひどい袖口や襟元は握るように洗います。
すすぎは、手で軽く押さえながらしぼり、洗濯液を捨ててきれいな水で、手で押すように2,3回すすぎます。
最後のすすぎで、洗面器に既定の量の柔軟剤を溶かしてすすいだらら軽く水気をきります。
形を整えて畳んだ情態でネットに入れ、30秒程度脱水を行います。
干す前に手でたたいて形を整えたら、変形を防ぐために必ず平らなところに干します。
これだけです。
高価なニットで心配だったり、自分でやるのは面倒だったりする人はクリーニング店をオススメします。
私もそろそろ面倒になってきたのでクリーニング店に任せちゃいそうです。(笑)

宅配クリーニング比較ページへ