知って得する自宅で洗濯するときの裏技投稿編

こちらは、自宅で洗濯するときの裏技としての投稿記事を集めました。思わずへぇーと言いたくなるような木々が盛りだくさん!

宅配クリーニング比較ページへ

自宅で洗濯の裏技記事一覧

子供が小さい内や、部活動を始めると、毎日ドロドロに汚してくる体操服やユニフォーム。そのまま洗濯機に突っ込んで、全く落ちていなくてガッカリした経験はありませんか?そんな頑固汚れの落とし方をご紹介します。1、まずはブラシで汚れをささっと落とす。水につける前に、洗濯用のブラシ(100均などで購入できます)でささっと汚れをはたき落としてください。実は泥汚れは砂という小さな粒子なので、これである程度汚れを落...

小さなお子様がいる方、子供の食べこぼしって多いですよね。またお気入りのお洋服にしょうゆをこぼしてしまったなんて時がっかりしてしまします。そのシミあきらめていませんか?実はちょっと工夫するだけでシミは落とせるんです。今回はなかなか落ちづらい食べ物汚れを落とす方法をご案内します。まず染み抜きできる衣類かどうかを確認します。取り扱い表示で洗濯機洗いや手洗いが可能であればご自宅で染み抜き可能です。汚れに固...

毎日来ている洋服も季節の変わり目にはクリーニングに出さなければいけません。最近では、価格設定が安いクリーニング屋さんも増えてはきましたが、それでも、シーズンごとにクリーニングを出すとなるとかなりの出費となります。そこで、できるだけクリーニング代を最小限に抑えるためにも、自宅で洗えるものはすべて洗ってしまいましょう。しかし、家庭での洗濯ではシミや汚れなどがクリーニングに出した時と違い、おちにくという...

ワイシャツやハンカチのアイロンがけをストレスに思う方は多いのではないでしょうか?さらにはTシャツまでしわしわで気になってしまう・・・なんてこともありますよね。この衣類のしわですが、洗濯の時にあるポイントをおさえることで格段に楽にすることができるんです。そのポイントは脱水!!脱水に時間をかけすぎるほど衣類はしわになりやすくなります。しわにしたくないものや、洗濯表示で脱水弱というものは脱水時間を短くし...

クリーニング屋さんを利用する頻度というものが、私自身、以前よりだいぶ少なくなったように思います。理由としましては、やはり一番にコストの面です。お気に入りの洋服も、なるべく自宅での洗濯を心がけております。その際に注意する点がいくつかあるのですが、まずひとつは、必ず裏返して洗う事です。そして、洗濯用のネットに入れ、アクロンやエマール系といった、いわゆる『おしゃれ着洗い』用の洗剤を使って洗濯をしています...

日常生活の中で着ている服や使用しているタオルなどを洗濯する時は洗濯機を使用しますが、選択する服やタオルが白や黒など物によって色が違うので何も考えないで選択をしてしまうと変色してしまう事があります。特に白いタオルと黒い服を一緒に洗濯してしまうと白いタオルが黒く変色してしまう事もあるので悩みとなっている人も多いでしょう。そんな時は白い物と黒い物を分けて洗濯をすると問題を解決する事が出来ます。最初に白い...

少し古くなってきたタオルや子供達、夫の靴下の臭いに悩んでいました。洗濯洗剤や柔軟剤を香りの強いものに変えてみたり、色柄用の漂白剤を多めに入れてみたりしましたが、あまり成果は見られずでした。まだ、外に干せる時はいいのですが、部屋干しの時には臭いも残るし、香りの強い洗剤だと干している間に部屋に残る香りの強さが家族には不評でした。 中高生の男の子のお子さんを持つお母さんに相談してみたら、もう何年も前から...

子供が小さい内は、なにかと洗濯物が増えるもの。それも染み抜きをしなくてはいけないような、醤油やソース、または泥んこ汚れ。そんな時どんな漂白剤を使っていますか?混ぜるな危険!表示のある塩素系漂白剤は、効果が高いとはいえ、色柄物に使用すると色落ちしたりします。また、必ずゴム手袋を使用することや、酸性のものと万が一混ざってしまうと塩素ガスが発生したりします。小さなお子さんがいるご家庭には不向きですね。私...

冬に毎日のように着るニット。自分で洗濯すると生地を傷めてしまうかもしれないから、どんな安物のニットでも高いお金を出してクリーニング店に持っていくのが毎年のパターンでした。ですが、今から紹介する洗濯方法を使って私はそのクリーニング代を節約することが出来ました。ドライマークのついているニットなら自宅で簡単に洗濯できるのです。ただし、カシミヤ、アンゴラ、モヘアなどは水洗いできません。早速、洗面器に30℃...

服についたそのシミ諦めていませんか。例えばこんなシミにがっかりしたこともあるのでは?・子供の服についた泥や黄ばみなど繊維に入り込んだ不溶性のシミ・うっかりついてしまったボールペンなど特殊な不溶性のシミ・化粧中についてしまった口紅やファンデーションなど油分の多いシミ実はこれらは全部自宅で落とせるんです。今回は汚れ別にご自宅でできる染み抜きの方法をご案内します。繊維に入り込んだ不溶性のシミ汗による黄ば...

毎回洗濯していても、だんだん汚れが目立ってくる場所に襟元の汚れがあると思います。市販の襟元クリーナーを塗りこんで洗濯していますが、やはり、何度も着ているうちに黄ばみが目立ってきます。漂白剤に漬け込むのは色落ちが心配だし…と思っている人にオススメなのがセスキ炭酸ソーダを利用した洗濯方法です。家庭のお掃除用に利用される方も多いかと思います。私も、キッチン周りの清掃に利用していました。よく落ちるのです、...

最近は料理だけでなく掃除や洗濯にお酢を使う人が増えています。馴染みのない方には「洗濯にお酢?」と不思議に思うかもしれません。しかしお酢を入れるだけで洗濯がとっても楽になるんですよ。例えば旦那さんの加齢臭が染み込んだワイシャツや靴下。臭いを誤魔化そうとして香りのきつい洗剤を使っていませんか?そんなことをしなくても、お酢を含んだ水につけておくだけで臭いを消すことが出来るんです。高い洗剤を買うより手軽で...

私が洗濯の時に一番気を付けている事はセーターやマフラーなどの冬物の洗濯です。普通はセーターやマフラーなどはクリーニング出すのですが、私が貧乏だった頃は洗濯機で洗っていました。セーターは洗濯すると必ず縮むと思っている方がいらっしゃると思いますがやり方次第で縮むことはしなくなります。そのセーターの縮み方を阻止する洗濯機の使用法はまず洗濯機のメニューでドライがあると思います。それを使って洗うのが一番良い...

毎日の生活の中で洗濯は欠かせないものですが、皆さんはどのような頻度で洗濯をされていますか?特に毎日洗濯をされる方は、作業が億劫になる時もあるのではないでしょうか?今日はそんな洗濯について、より効率良く作業が捗る裏技をご紹介いたします。?早く乾かすために薄手のものから厚手の服、タオルなど中には乾ききるまで時間がかかってしまうものがあります。早く乾かすには脱水がポイントとなりますが、洗濯物を丸めて脱水...

自宅で選択するもので一番気を使うのはワイシャツだと思います。襟や袖の汚れはなかなか取れません。クリーニングに出せばきれいになりますが、クリーニングの費用を考えればなるべく自宅で洗濯したいものです。そんなワイシャツでも自宅で洗濯する際にちょっとした工夫できれいになります。まず大事なことは、すぐ洗うことときれいに洗うことです。汚れは時間が経つと染みて落ちにくくなります。せめて着用したら翌日には洗濯しま...

冬物のクリーニング代節約のために、ジャンパーは自宅で洗っています。ジャンパーの汚れ具合をチェックし、特に汚れている袖口や襟はぬるま湯に浸し、固形石鹸を使って洗います。充分に濡らした袖口を一旦軽く絞り、汚れ部分に固形石鹸をこすり付けるようにします。そしてゴシゴシと汚れを落とすように擦ります。襟も同じです。その後、液体洗剤を表示してある量溶かしたぬるま湯に全体を浸けて、手で押すように洗います。洗うのは...

洗濯するとき柔軟剤の買い置きがない事がありました。うっかり買い忘れていて困ったなと思ったんですが、クリーニング店で働いている友人に柔軟剤の代わりにコンディショナーが使えると聞いたのを思い出し、少量のコンディショナーをお湯で溶かし試してみました。するとセーターなどがふんわり柔らかに仕上がり、ほんのり良い匂いがしました。柔軟剤とコンディショナーの主成分が似ている事から代用として使えるそうですが、分量が...

4歳の長男は、毎日幼稚園や公園で裸足で遊び、帰るときは靴下を履いて帰ってきます。靴下の後ろも中も、真っ黒に汚れていることがほぼ毎日です。そのまま、1歳の次男の洋服や私の服と一緒に洗うのはかなり抵抗があるので、まずは下洗いをします。汚れた靴下を両手にはめ、手を洗うように固形石鹸で擦り合わせて洗います。手の指で洗えるので、力も入り、かなりきれいに汚れが落ちます。その後軽くゆすぎ、靴下の中にビー玉を5個...

我が家では、ドライマークのものでもなるべく自宅で洗濯するようにしています。モッズコートやダッフルコートのような厚手のものや、スーツや礼服などはクリーニングに出しますが、薄手のトレンチコートやニットカーディガンなどの上着類は自宅で洗濯してしまいます。さすがに普通の洗剤では心配なので「エマール」を使い優しく手洗いします。一番汚れがひどいのは、襟の部分と袖口なのですが、そこはこすり洗いします。このとき、...

小さい子供が2人いるので、毎日2回洗濯機を回しています。幼稚園に通っているので長男は洋服や靴や靴などの泥汚れ、1歳の次男は食べものをよくこぼすので首元や袖口をよく汚します。長男の泥汚れには、専用の石鹸を使っていましたがなかなか値段が高かったので、最近は液体糊を使っています。泥汚れの部分に液体糊を塗り込み少し時間をおいて、いつもどおりに洗濯するだけです。専用の石鹸よりもきれいに落ち、経済的です。また...