縮んだニットを元に戻すには?

ニットは、洗濯方法によって縮みが発生する恐れがあります。お気に入りのニットも、縮んでしまうと着ることができなくなります。そのまま泣く泣く処分した…という経験はありませんか?

 

ニットの場合、素材がよく質のいいニットほど縮みやすいので、縮んだら処分するとはいえ、せっかく高いお金を払って買ったニットを処分しなくてはいけないのは、辛いと思います。

 

でも、実は縮んだニットを元に戻す方法があります。縮んでも諦めないで、自分で元に戻す方法を試してみましょう。

 

縮んだニットを元に戻すには?

 

ニットが縮む原因

 

ウールの繊維は、濡れるとスケールというギザギザのようなものが現れます。元々ついているものなのですが、濡れることによってスケールが開きます。人間でいう、キューティクルのようなものだと思ってください。髪の毛のキューティクルが開くと、髪の毛がパサパサして広がります。それと同じような状態になります。

 

開いた状態で、スケール同士が引っかかり合うので、必要以上にきつく絡まってしまい、繊維同士の隙間が密になるので、その分縮んでしまう、ということです。縮むとサイズが小さくなるだけではなく、ニット自体が固くなります。繊維同士が固く結びつきすぎると、ニットは縮むのです。

 

シリコン入りの洗剤を使う

 

クリーニング店でもニットを伸ばしてほしいという依頼があるときには、シリコン入りの洗剤を使います。繊維同士がツルツルになって絡まりにくくなり、ほどけやすくなります。家庭で行う場合、気軽に始めたいならトリートメントがおすすめです。成分を見てみると、ジメチコンという名前のものが見つかるはずです。最近はノンシリコン入りシャンプーなどが流行っていますが、あえてシリコン入りのものを選んでください。

 

縮んだニットを伸ばす工程

 

ニットをシリコン入り洗剤、もしくはトリートメントを入れた水の中に浸して、しばらく置いておきましょう。30分ぐらい置いておけると十分だと思います。

 

その後脱水は軽くして、干して完成です。

 

干すときのひと手間が戻りやすくする

 

ニットをそのまま干しても、前よりは元の大きさに戻っていると思いますが、干すときにひと手間かけるだけで、より戻りやすくなります。

 

とても簡単で、段ボールなどで肩を作り、衣類の幅に沿うように入れ込みます。あまり大きくなりすぎるとニットが強引に伸ばされてしまうので、ニットの身幅に合うサイズで段ボールの型を作ってください。

 

一度縮んでも戻す方法はいくつかあります。あきらめずに挑戦してみてください。
縮んだニットを復元できるとの宣言はありませんが、試してみる価値のあるクリーニングがあります。

宅配クリーニング比較ページへ