着物のクリーニング

着物は、自宅で簡単に洗えるものではありません。ちゃんとプロに依頼してクリーニングしてもらうと、風合いもそのままで、着物がキレイになって戻ってきてくれます。着物の汚れやシミなどは、放っておくと頑固にこびりついて落ちづらくなるので、しまう前にお手入れをするのが理想です。今回は着物のクリーニングについてご紹介します。

 

着物クリーニングには洗いと染み抜きが必要

着物のクリーニング
着物のどんな汚れが気になるか、によって選択するクリーニングは異なります。たとえば、汗をかいてしまったからしみ込んでいる気がするとか、長年しまっておいたらカビが生えていた…という場合は、洗いを選択します。まずはドライクリーニングで着物に付着してしまったニオイや汚れを取り除きます。そして目には見えない汗を抜くためのクリーニングも行います。その後必要であればカビ取りを行って、完成ということになります。

 

しかし、着物は洗うだけでは取れない染みができやすい素材です。そのため、染み抜きも時には必要になるでしょう。着物の染みというのは、洋服の染みとは違って取るのが難しいので、必ず熟練した技術を持つ、着物を専門に扱うクリーニング業者を選択する必要があります。何十年も前の染みだったり、染みのせいで色落ちしていたり…染みは結構厄介です。

 

染みを落とすだけではなく、色を補正することもできる業者のほうが安心だと思います。完全に染みを落とすことができない場合や、色落ちした際に、色を補って目立たなくしてくれます。

 

着物のクリーニングで業者が注意していること

 

着物はとてもデリケートな素材なので、適当なクリーニングでは満足する結果が得られません。そのため、繊細な技術を持った職人がおこなうべきクリーニングです。業者としても、着物は特殊なクリーニング品として扱っています。

 

業者が注意しているのは、とにかく品質や素材の風合いを衰えさせず、それでいて新品のような美しい色合いの着物にして返却する、ということです。

 

着物を自宅で干すことについて

 

着物は自宅で洗えないものですが、自宅でできるお手入れ方法はあります。それは、着物の虫干しです。たいていの着物は絹でできているので、湿気が敵です。その湿気を溜めないように、時期を見て干すことが大切です。できれば1年に3回ぐらいは干したほうがいいですが、年に1回でもかなり湿気の量が変わります。空気が乾燥している1月ぐらい、そして梅雨が明けた7月中旬、涼しくなってくる10月ぐらいがベストな時期です。

 

半日ぐらい、直射日光が当たらない風通しのいい場所で干してください。自宅で虫干しをしているかしていないかで、かなり着物の状態が変わります。

宅配クリーニング比較ページへ