漂白剤の選び方、使い分け

洗濯をするとき、洗剤だけではなく漂白剤も使います。漂白剤配合の洗剤もありますね。では、漂白剤は何のために使うか…明確な答えを知っている人は少ないです。漂白剤の役目や、漂白剤の種類について、ご紹介します。

 

洗濯における漂白剤の役目

漂白剤
漂白剤の役目は、汚れを落とすことです。汚れを落とすなら普通の洗剤でいいのでは?と思うかもしれませんが、実は汚れを落とすメカニズムが違います。いわゆる洗濯洗剤と呼ばれる洗剤は、汚れをつかんで衣服からはがすようにして、汚れを落としてくれます。では漂白剤はどうかというと、汚れそのものを分解する力があります。

 

シミなど、しっかりと汚れがくっついてしまって落ちづらい、色が濃く残ってしまって洗剤では落としきれない、そういう汚れを漂白剤が落としてくれるのです。洗剤では落としきれなかったから、といってあきらめるのはまだ早いです。漂白剤を使って、頑固な汚れにも挑戦してみましょう。

 

漂白剤の種類

 

漂白剤は成分で種類が分かれています。
・酸素系漂白剤
・塩素系漂白剤
・還元漂白剤
の3種類です。

 

特にご家庭で使う機会が多いのは、酸素系の漂白剤です。液体と粉末があり、どちらも市販されています。漂白剤の中でも、色・柄問わず使える漂白剤なので、気軽に漂白剤を使うことができるでしょう。液体の主成分には、消毒で使うアルコールのオキシドールが含まれています。洗濯洗剤と漂白剤を併用すると、より汚れが落ちやすくなります。粉末の場合は、同じ成分ではなく過酸化ナトリウムが使われています。

 

同じ酸素系漂白剤でも、成分が違えば使い方も違います。液体は色柄問わずとお話ししましたが、粉末は色落ちの危険があるため、白いもののみに使うと失敗しません。

 

次の塩素系漂白剤は、色落ち効果がすごいので、白い衣類をとにかく白くしたい人向けで、成分としてはとても強く、特に酸性と混ぜると有毒な成分を発生させるので、気を付けて扱うようにしてください。

 

最後が還元漂白剤ですが、この漂白剤も、とにかく白くしたい人向けです。利用用途は塩素系漂白剤に近いと思います。

 

使いやすさで選ぼう

 

今まで漂白剤を使ってなかったご家庭では、徐々に始めていきましょう。いきなり漂白剤を使い始めても、どのタイミングで使うべきなのか迷って使えなくなってしまいます。漂白剤効果で服が鮮やかに見える、という利点もありますので、自宅でも漂白剤を使って衣類をいい状態に戻しましょう。

宅配クリーニング比較ページへ