洗濯物に付着する花粉を防ごう

花粉やPM2.5など、衣類に付着している状態で着用するのは抵抗がありますね。特に花粉症の人は、衣類に付着している花粉を吸いこんでしまうとくしゃみや咳など、症状も悪化して辛いと思います。

 

だからといって花粉がつくから室内干しばかりしていると、乾ききった感じがせずに、嫌なにおいも残りやすいです。

 

どうしたら花粉やPM2.5を衣類に付着させず洗濯ができるのか…ご紹介します。

 

洗濯物に付着する花粉を防ぐ

 

静電気を防ぐために柔軟剤を使う

 

柔軟剤は衣類を柔らかく仕上げるためだけではなく、静電気を抑える意味もあります。静電気があると、花粉もPM2.5も引き寄せやすくなるので、静電気を発生させないために柔軟剤を使ってください。

 

当たり前のように使っている柔軟剤ですが、実はそんな効果があったなんて意外ですね。

 

干す時間帯を考えよう

 

昼間に外干しできるのが一番気持ちいいですが、花粉やPM2.5が最も付着しやすい時間帯です。ちょっと残念ではありますが、夕方から夜にかけて外干しして、翌朝までに取り込むという洗濯がベストです。

 

夜でも花粉やPM2.5は飛んでいますが、昼間よりも量はかなり減るといわれています。できるだけ量が少ない時間帯に干せば、付着する量も減ってくれるでしょう。

 

できるだけ早く、払ってから取り込む

 

取り込むまでの時間はできるだけ短い方がいいです。干している時間が短ければ短いほど、付着する量は減ります。

 

しかし気を付けてほしいのは、ちゃんと取り込む前に払うことです。花粉やPM2.5は、取り込む前に振ったり払ったりするだけで、実は結構落とせます。室内に持ち込まないためにも、ちゃんと払い落としてから取り込めるといいですね。

 

実は難しい?花粉やPM2.5を防ぐ洗濯

 

洗濯方法を工夫しても、外干しをする限りは花粉やPM2.5を防ぎきることはできません。そのため、室内干しをするのが実は一番最適な洗濯方法です。室内で干していれば、花粉やPM2.5が付着することはありません。

 

基本は室内干しにして、夜などにどうしても干したい衣類は外干しをする、という方法をおすすめします。

 

それでも室内干しは何だかスッキリしないし、においが何だか変…と思い始めたら、思い切ってクリーニングに出してみてはどうでしょうか。きちんとキレイになりますし、花粉やPM2.5が付着する心配がありません。

 

何より家で洗うよりもきれいになります。デリケートな衣類はもちろん、ワイシャツやTシャツなど、花粉の時期だけはプロにお任せしてみては?

 

費用はかかりますが、かなり衣類がスッキリすると思います。

宅配クリーニング比較ページへ