洗濯マークが新しくなります!

平成28年12月1日以降、衣類などの繊維製品の洗濯表示が変更となります!この変更により、取扱いの情報がさらにきめ細かくなり、国内外でも洗濯表示が統一されることになり、海外の繊維製品などの取扱いもよりわかりやすくなります。

洗濯マーク(平成28年11月30日までの洗濯表示)

クリーニング&お洗濯の参考に
▼表1.洗い方(水洗い)▼

番号

記号

記号の意味

101

洗濯マーク101


液温は、95℃を限度とし、洗濯が出来る。

102

洗濯マーク102


液温は、60℃を限度とし、洗濯機による洗濯が出来る。

103

洗濯マーク103


液温は、40℃を限度とし、洗濯機による洗濯が出来る。

104

洗濯マーク104


液温は、40℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗い(振り洗い、押し洗い及びつかみ洗い)がよい。

105

洗濯マーク105


液温は、30℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗い(振り洗い、押し洗い及びつかみ洗いがある)がよい。

106

洗濯マーク106


液温は、30℃を限度とし、弱い手洗い(振り洗い、押し洗い及びつかみ洗いがある)がよい。(洗濯機は使用できない。)

107

洗濯マーク107


水洗いはできない。

▼表2.塩素漂白の可否▼

番号

記号

記号の意味

201

洗濯マーク201

塩素系漂白剤による漂白ができる。

202

洗濯マーク202

塩素系漂白剤による漂白はできない

▼表3.アイロンの掛け方▼

番号 記号 記号の意味

301

洗濯マーク301

アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180〜210℃まで)で掛けるのがよい。

302

洗濯マーク302

アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140〜160℃まで)で掛けるのがよい。

303

洗濯マーク303

アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80〜120℃まで)で掛けるのがよい

304

洗濯マーク304

アイロン掛けはできない。

▼表4.ドライクリーニング▼

番号

記号

記号の意味

401

洗濯マーク401

ドライクリーニングができる。溶剤は、パークロロエチレン又は石油系のものを使用する。

402

洗濯マーク402

ドライクリーニングができる。溶剤は、石油系のものを使用する。

403

洗濯マーク403

ドライクリーニングはできない。

▼表5.絞り方▼

番号

記号

記号の意味

501

洗濯マーク501

手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は、短時間で絞るのがよい。

502

洗濯マーク502

絞ってはいけない。

▼表6.干し方▼

番号

記号

記号の意味

601

洗濯マーク601

つり干しがよい。

602

洗濯マーク602

日陰のつり干しがよい。

603

洗濯マーク603

平干しがよい。

604

洗濯マーク604

日陰の平干しがよい。

出典元:消費者庁 http://www.caa.go.jp/hinpyo/guide/wash.html

宅配クリーニング比較ページへ