洗濯マークの表示が変更となります!

洗濯をするとき、クリーニングに出すとき、必ず確認するのが洗濯表示マークです。衣類を洗う時の基本として知られています。洗濯表示マークに従わずに洗ってしまうと、衣類にトラブルが発生してしまう恐れもあります。
洗濯表示マークは、2016年の12月1日から変更となります。変更のポイントを知っておくことで、自宅での洗濯やクリーニング店、宅配クリーニングに依頼する洗濯についても役立ちます。

 

洗濯表示マークが変更するってどういうこと?

洗濯表示には、ISOとJISというものがありました。国際規格であるISOは、日本での洗濯習慣には合ってないとして、日本ではJIS表示で洗濯表示マークが記載されていました。日本国内で作られていたり、日本のみで販売されるものであれば、JISの洗濯表示マークでタグがつけられているのでいいのですが、海外から入ってきた製品になるとどうでしょうか?
最近はファストファッションなどを含め、海外からの衣類も増えていますよね。本来海外から輸入する衣類には、ISOである国際規格の取り付けが定められていました。日本のJISには付け替えて販売されていたのです。

 

2016年12月からは、すべて洗濯表示マークが統一されることになったため、付け替えなどの必要はなく、国内外の洗濯表示マークがすべて同じになります。

 

新しい洗濯表示マークについて

2016年11月までは、記号の種類は22種類でした。しかし12月からは41種類と倍近くに増えます。すぐにすべての衣類が切り替えになるということではないのですが、春夏のものからは随時切り替わりが行われ、最終的にはすべては新しい洗濯表示マークに変わります。

 

洗濯表示マークには洗濯処理というジャンルがありますが今までは、洗濯に適した温度、手洗いか洗濯機洗いか、洗濯機での脱水の仕方や操作の仕方などが7種類でした。新しい洗濯表示マークになると、これがとても細かくなります。内容としては同じ項目なのですが、温度表示がより細かくなり、なんと種類は14種類という倍になっています。大体10度ずつぐらいで温度の指定があります。

 

乾燥に関しては4種類が8種類、クリーニングに関しては3種類が9種類増えることにとなっています。クリーニングの洗濯表示マークはクリーニング店に依頼をするときなど、お店側がチェックするマークでもありますね。今まで表示としてあった絞り方に関しては必要に応じて文章で、ということになっているのですが、タンブル乾燥に関する洗濯表示マークは増えています。

同じ洗濯表示マークとはいえ、12月から大きく変化していきます。まだまだ衣類につけられているのを見るのは先かもしれませんが、知らない間に「このマーク何?」といったことにならないよう変更になったこと、変更内容を知っておくと、日々の洗濯や衣服の取り扱い、クリーニングに依頼するときに安心ですよ。

新洗濯表示マークの基本記号と付加記号について

洗濯表示マークは基本記号と組み合わせて用いるいくつかの付加記号で表示されます。
表示マークを覚えるまえに、基本記号がどのようなものなのか、どういう意味があるのかまず見てみましょう!

 

新洗濯表示マークの基本記号

洗濯処理記号

洗濯処理記号

洗濯処理は、上記の図に示す洗濯おけの形で表します。

漂白処理記号

漂白処理記号

漂白処理は、上記の図に示す三角形で表す。

乾燥処理記号

乾燥処理記号

乾燥処理は、上記の図に示す正方形で表す。

アイロン仕上げ処理記号

アイロン仕上げ処理記号

アイロン仕上げ処理は、上記の図に示すアイロンの形で表す。

商業クリーニング処理記号

商業クリーニング処理記号

商業クリーニング処理は、上記の図に示す円で表す。

 

新洗濯表示マークの付加記号

弱い処理を表す付加記号

弱い処理を表す付加記号

記号の下の一本線(上記の図)は、下線のない同じ記号で示される処理よりも弱い処理を表す。

非常に弱い処理を表す付加記号

非常に弱い処理を表す付加記号

記号の下の二本線(上記の図)は、非常に弱い処理を表す。

処理温度を表す付加記号

処理温度を表す付加記号1処理温度を表す付加記号2処理温度を表す付加記号3処理温度を表す付加記号4

乾燥処理記号及びアイロン仕上げ処理記号の処理温度を表す付加記号は、ドット表示する。ドットは、使用する基本記号によってその温度が異なるが、ドット数が増えると処理温度がより高いことを表す。

処理・操作の禁止を表す付加記号

処理・操作の禁止を表す付加記号

5 個の基本記号に重ね書きした×印は、その記号が表す処理・操作ができないこと(禁止)を表す

 

これらの基本となる記号に付加記号を組み合わせて洗濯表示マークとして表されます。
では新しい洗濯表示マークはどのようなマークになっているのか、みてみましょう!

 

新しい洗濯表示マーク一覧はこちら

宅配クリーニング比較ページへ