洗濯ネットの種類

洗濯ネットは、衣類同士が絡まらないようになっています。衣類についている飾りが落ちないように守ったり、型崩れや毛羽立ちも防いでくれます。洗濯ネットを上手に活用することで、デリケートな素材の衣類も自宅で洗えるでしょう。

 

洗濯ネットの種類、選び方、そして使い方をご紹介します。

 

衣類に合わせて洗濯ネットを選ぼう

洗濯ネットの必要性
洗濯ネットは、まず目の粗さで分けられます。目が粗いものは、衣類同士が絡まりにくくする反面、衣類についている汚れや糸くず、ホコリなどをネットの外に出して綺麗にしてくれます。汚れがあるけど、デリケートな素材だからそのままは洗いたくない…という時にはぴったりです。目が細かいものは、衣服に飾りがついている場合や、とにかく傷ませたくないというときに使います。

 

次に比較したいのが、形ですね。平面型といって、四角でマチがないものは、衣類の形そのままで洗うことができます。そのため、中で衣類が動きづらく、摩擦による傷みを防げます。逆にマチがあり立体的なものは、衣類が中で動いてくれるので汚れ落ちがよくなります。ブラジャー専用の立体的な洗濯ネットもあります。

 

そして最後にサイズですね。サイズは衣類の大きさに合わせて選びましょう。洗濯ネットが大きすぎると衣類のシワができたり傷める恐れがあります。小さいと綺麗に汚れが落ちません。必ず大きすぎず小さすぎず、ジャストサイズのものを選んでください。

 

洗濯ネットの使い方

 

洗濯ネットを使うときは、丁寧に衣類をたたんでください。そのまま丸めて入れると、シワができてしまいます。ボタンやホックはちゃんとしめる、プリントや飾りがついている部分は内側にする、シミや汚れが気になる部分は外側にするなど…実はいろいろ気を付けなくてはいけない点があります。

 

最近は低価格で洗濯ネットが手に入るようになりました。ブラジャー用があるとお話ししましたが、それ以外にも靴用、スーツ用など細かく用途が分けられて販売されています。どの洗濯ネットを使えばいいか迷ったときには、洗いたい衣類に合う洗濯ネットを購入してください。洗うものによって、きちんと使い分けできるようにしましょう。

 

洗濯ネットを活用して衣類を洗うためには、ぜひ洗濯ネットの正しい使い方を身に着けてくださいね。ただ、衣類をネットに入れると洗い足りない恐れがあります。目立つ汚れは絶対に落としたい汚れが、事前に手洗いをしておくと、満足いく仕上がりになります。

宅配クリーニング比較ページへ