洗濯ものの上手な仕分け方、NGな組み合わせ

洗濯機での洗濯は、様々な衣類をまとめて洗わなくてはいけません。一度に多くの衣類を洗えるのが洗濯機のメリットですが、一緒に洗わないほうがいい組み合わせもあります。間違った組み合わせで洗うと、色移りや糸くずの付着、破れなどが起きてしまう恐れがあるのです。

 

洗濯物の素材や色による仕分け方法、失敗しない洗い方をご紹介します。

 

最大のトラブルは色移り

色移りしないように
一緒に洗わないほうがいい代表的な組み合わせは、白物と色物です。色物は水を使って洗うと色が流れ落ちる衣類も多いです。大きく色落ちする恐れは少ないですが、真っ白な衣類には少しの色落ちでも付着してしまいます。一度色移りすると、真っ白に戻すのはかなり難しいです。

 

仕分けするのは面倒と思っても、必ず白物と色物だけは分けるようにしてください。まとめて洗うと白がピンクに、白が青に…なんてトラブルが絶対に起こります。

 

淡い色でも白物とは別に洗おう

 

白物には、蛍光剤を使うとキレイに仕上がります。しかし、淡い色の物には蛍光剤が使えません。そのため、白は白、淡くて色移りの心配がなくても別で洗うのが正しい仕分けです。

 

淡い色の衣類に蛍光剤を使うと、ところどころ色が抜けて白くなるなど、本来の色が白っぽく変わって衣類が台無しになってしまいます。注意してください。

 

汚れがひどいものは別洗い

 

同じ白物であっても、特に汚れている衣類は別に洗ってください。汚れが落ちたときに、違う衣類に汚れが移ってしまう恐れがあります。せっかく洗濯しても汚れが移ってしまっては、もう一度洗濯しなくてはいけません。

 

一緒に洗いたいときは、目立つ汚れは手洗いで落としてから洗いましょう。

 

繊細な素材はネットに入れて洗う

 

素材によっては、一緒に洗った衣類の繊維や飾りに擦れて傷ついてしまいます。繊細な素材は、必ずネットに入れて洗いましょう。できれば繊細な素材の衣類だけ集めて、洗濯機で洗えるといいですね。

 

ブラジャーやショーツなど、レースの飾りが多い下着類も、繊細な素材の衣類と一緒に洗うと長持ちしますし、型崩れもしにくいです。

 

糸くずが出やすいタオル類はひとまとめ

 

タオルは糸くずが出やすいので、衣類と一緒に洗うと糸くずの付着が目立ちます。できれば別にしてください。タオルやハンカチ類はまとめて洗っても問題ないでしょう。

 

特に色が濃い衣類は糸くずが目立ちやすいので、絶対に一緒に洗わないようにしましょう。

 

仕分けを始めると、こんなにも分けなくてはいけないものがあるのか…と面倒に感じます。しかし守っていないと、後で洗い直しをしたり、せっかくの衣類が台無しになってしまったり…仕分けよりも面倒なことになります。

 

ぜひ事前に仕分けして洗濯し、後で面倒なことにならないよう工夫しましょう。

宅配クリーニング比較ページへ