洗えない衣類とは?

洗濯は毎日洗濯機を使い、デリケートな素材は手洗いで洗えば何とか家庭で洗えるものも多いです。最近は洗剤も進化しているので、デリケートな素材も傷つけず洗える方法は増えているのです。

 

しかし、それでもまだ家で洗えない衣類はあります。家で洗って衣類を台無しにしないために、クリーニング店に依頼するべき衣類を知っておきましょう。

 

色落ちする衣類

 

衣類の中で洗えない衣類として、一番にお話ししたいのは色落ちするものです。家では水洗いが基本ですが、水につけると色が出るものはNGになります。色落ちする場合は洗濯機で単独、もしくは手洗いならいいのでは…と思うかもしれません。しかし、色落ちしているということはその衣類の本来の色が落ちている、という意味です。

 

また、衣類の中に色が複数含まれていると、違う色の部分に色落ちした側の色がついてしまう恐れがあります。家で無理に洗わず、クリーニング店に依頼して洗ってもらいましょう。

 

シワ・プリーツなど加工がされている衣類

シワ・プリーツ加工
衣類の中には、独特な風合いが施されているものもあります。たとえばプリーツやシワなどは、販売されていたときからの独特な風合いです。しかし、その風合いが洗うことで落ちてしまいます。家で洗濯機や手洗いすると加工が取れてしまうので、家で洗わず必ずクリーニング店に依頼しましょう。

 

クリーニング店でも特別仕上げなどで洗うことになります。

 

専門的な技術が必要な衣類

 

革、着物、特殊な繊維など…自宅で洗うこともできそうだけど、特別な知識や技術が必要とする衣類は、すべてクリーニング店でお願いしたほうが安心です。革製品を得意とするクリーニング店、着物を得意とするクリーニング店など…それぞれ専門分野はあります。クリーニング代金は少し高めにはなりますが、家で洗って失敗するより、依頼したほうがいいでしょう。

 

洗えるかな…と不安を感じたらクリーニング店へ

 

家で洗えない衣類をご紹介しましたが、クリーニング店に出すか、それとも家で洗うかの基準は、その人それぞれで異なります。絶対に失敗したくない衣類は、どうなるかわからないけど頑張ってみよう…と挑戦するのではなく、安心して依頼できるクリーニング店で洗いましょう。後悔しても衣類は元通りにはなりません。

 

洗えそうでも、洗ってみないとどうなるかわからないのが洗濯です。素材や洗剤によって適切な洗い方はそれぞれ違うのです。自信がない衣類は無理に洗わない、と決断する勇気も大切ですね。

宅配クリーニング比較ページへ