汚れが落ちやすい適切な水温

洗濯に使う水は、冬になれば冷たいですし、夏になればぬるくなります。水道から出る水の温度をそのまま使うので、温度によって洗濯の仕上がりに影響が出ないか、心配になります。実は水の温度で洗浄力が変わることは知っていますか?
中には、お風呂の残り湯を使って洗濯をしているご家庭もあります。

 

洗濯に使う水の温度によって、洗浄力にはどう差があるか、ご紹介します。

 

温度によって違う洗浄力

洗濯の適温とは
洗濯に使う水の温度で洗浄力が変わるのは、40℃以下、40℃から60℃未満、60℃以上という3種類に分かれます。多くのご家庭では、40℃以下の温度で洗濯をしているので、温度の高い方が洗浄力も上がる、というのは驚きの結果ではないでしょうか。

 

特に油汚れは温度がたかくないと落ちづらいといわれています。一般的な基準で、東京都庁の近くの水温は、冬場で5℃から10℃ぐらい、夏場で20℃から25℃ぐらいです。かなり温度に差があります。

 

洗濯してもなかなかシミが落ちない…というのは温度の問題があったのです。今まで洗濯していた水の温度を見直す必要がありそうです。

 

温度を高くするとデメリットもある?

 

温度が高ければ高いほど洗浄力が高いとなると、できる限り高い温度で洗浄できたほうがいいのでは…と思いますが、デメリットもあることは知っておきましょう。

 

温度を高めると繊維にはダメージが起きやすくなります。繊維を傷める洗濯を何度も繰り替えしていると、繊維のダメージがひどくなっていくので、あまり高温で洗い続けるのも危険です。

 

また、洗濯洗剤の中には高い温度で洗うと洗浄力が落ちてしまうものもあります。洗浄力が高いからという理由で高い温度で洗っても、洗剤の効果が落ちてしまっては意味がありません。温度と洗剤の組み合わせも考えなくてはいけません。

 

お風呂の残り湯がベスト

 

家で洗濯をする場合、温度を高くして洗浄するとなると大変です。最近は温度を高くして洗ってくれる機能がついている洗濯機もありますが、そのためだけに急に買い替えはできません。洗濯機を買い替える必要はないので、できるだけ温度が高いお風呂の残り湯を使いましょう。前の日に使ったお湯であれば、ほんのり温かいはずです。水の節約にもなり、さらに洗浄力があがるので一石二鳥です。

 

自宅での高温洗濯は、ピンポイントで汚れを落としたいときだけ使うといいですね。熱湯になると繊維が急激に傷むので、60℃ぐらいのお湯をシミにかけ、落としてみましょう。大体落ちたら、洗濯機で洗えばしっかりとシミが消えてくれます。

 

家庭での洗い方としてベストなのは、まず頑固なシミは高い温度で洗う、そして洗濯機で使うのはお風呂の残り湯を使う…という洗濯方法です。

宅配クリーニング比較ページへ