汗のシミ抜き

衣類には必ず汗が付着します。これは誰にも当てはまることでしょう。お手入れがしっかりと行き届いていれば、汗によるシミで悩まされることはありません。しかし、汗がくっきりとシミになってしまったら…どうしますか?

 

汗ジミは特に、ワイシャツやブラウスに多いです。白っぽい生地だと、汗ジミの黄色いシミが目立ってしまいます。毎日洗濯をしてきれいにしているつもりでも、汗ジミは時間の経過とともにゆっくりと薄く色づいて、黄色くなってしまうのです。特にワキは気になります。

 

今回は汗ジミ対策として自分でできる方法をご紹介します。

 

汗ジミ用の漂白剤を使う

汗シミ抜き
汗ジミが気になる部分には、専用の漂白剤やシミ抜き剤が発売されています。専用のものであれば、効果が感じやすいです。もちろん、専用ではなくても落ちるのですが、汗ジミの成分に強い漂白剤のほうが安心です。

 

ワイシャツやブラウスなら、元から色が白いので色落ちなどはそれほど気にならないかもしれません。もし色落ちが気になる際は、まずは目立たないところで色落ちしないか確かめてから、取り掛かってください。

 

漂白剤の前のひと手間がおすすめ

 

漂白剤をそのままつけても、なかなか汗ジミが落ちない…というときには、漂白剤を使う前に中性洗剤を使ってください。油汚れを落とすのが得意な中性洗剤を使うと、汗ジミに含まれる油汚れを落としてくれます。

 

汗ジミに中性洗剤を使うという発想はあまり浮かばないのですが、汚れにもいろいろな種類があります。汗ジミは油汚れを含んでいる可能性もあるので、漂白剤だけで落ちないときは試してみてください。

 

汗ジミは作らないことが大事

 

汗ジミは、汗をかいてすぐできるものではありません。時間の経過とともに汗が酸化して衣類に付着し黄色くなります。そのため、ちゃんとお手入れができていれば、汗ジミは出来る前にやっつけることができます。

 

お手入れ方法としては、目立つ前に上でお話しした方法で処置するだけです。特別なお手入れは必要ありません。洗濯機でしっかりと洗っていても、汗ジミはついてしまいます。汗ジミ対策をする必要があります。

 

クリーニング業者ならなお安心

 

自分でお手入れするのが面倒だとか、どういうお手入れをしていいかわからないという際は、汗ジミが目立つ前にクリーニング業者に出しましょう。

 

すでに汗ジミが目立っている状態になって、どう処置していいかわからない…という場合でも、自宅で処置するよりはクリーニング業者に出した方がキレイに落としてもらえます。

宅配クリーニング比較ページへ