正しい手荒い方法

洗濯機を使って衣類を洗えば、一度にたくさんの衣類が洗えて便利です。しかし、洗濯機で洗うとダメージを受けてしまうものや、汚れが頑固だから他の衣類とは一緒に洗えない…となると、手洗いで洗う必要があります。

 

手洗いの基本を抑えておくといいでしょう。手洗いで汚れをしっかり落としながら、生地を傷めない方法をご紹介します。

 

手洗いの種類

 

手洗いには、いくつかの種類があります。押し洗い・つけこみ洗いがよく使う洗い方です。

 

・押し洗い

洗濯洗剤と水を入れた中に、丁寧にたたんだまま衣類を入れます。目立つ汚れがある場合は、汚れを外側にして入れてください。そして、20回程度衣類を押す・持ち上げると繰り返します。脱水は押して絞るという方法もありますが、結構難しいので、できれば洗濯機を使ってください。たたんだまま洗濯ネットに入れるといいでしょう。

 

脱水が終わったら、すすぎのためにきれいな水に替え、衣類を入れてすすいでください。すすぎはできれば2回ぐらいするといいでしょう。そして、最後にもう一度洗濯機で脱水をすると完成です。

 

・つけこみ洗い

押し洗いと基本的には一緒ですが、洗濯洗剤を入れた水の中に入れたら、しばらくつけこんでおくのが、つけこみ洗いです。大体15分を目安につけこみ、その後脱水・すすぎを繰り返して同じです。すすぎのときも衣類は動かさず、つけこみですすぎましょう。

 

上の2つはセーターをメインとして洗い方ですが、薄手で繊細な衣類の場合は、振り洗いをおすすめします。

 

・振り洗い

振り洗い
洗濯洗剤を入れた水の中に、たたまず衣類をひたします。衣類をつまんで水の中で振ってください。その後途中で脱水を入れず、すすぎは水を取り替えて同じように振りながらすすいでください。2回ぐらいおこなうと衣類から洗剤が落とせます。

 

最後に洗濯機で脱水をして完了です。

 

部分洗いの種類

 

手洗いには、全体を洗うものだけではなく、部分洗いの方法もあります。ご家庭では、部分洗いをすることが多いでしょう。洗濯機で洗う前に、手洗いで部分的に汚れを落としておくと、洗濯が楽になります。

 

・つまみ洗い、もみ洗い

つまみ洗いは、シミが気になるときに部分的につまんで洗います。洗濯洗剤の水に入れ、シミが気になる部分を指先でつまみ、ピンポイントでこすって洗えばシミが落ちていくでしょう。

 

もみ洗いは、同じように洗剤の入った水の中で、つまんで洗うのはなく揉んで洗ってください。

 

手洗いは洗濯機にお任せするよりも手間はかかりますが、デリケートな衣類は1枚ずつ丁寧に洗いましょう。

宅配クリーニング比較ページへ