柔軟剤の香りはいい?悪い?

柔軟剤というと、衣類を柔らかくするとか、静電気の発生を抑えるなどの機能的な面が重視されて使う人が多かったと思います。しかし、最近は柔軟剤を違う目的で選ぶ人が多くなりました。その目的とは、香りです。

 

柔軟剤の香りを重視して選ぶ人が多くなった今、柔軟剤の香りについて考えてきましょう。

 

柔軟剤の香り

 

香りブーム到来の柔軟剤

 

柔軟剤は、今かなりの種類が販売されています。あまり柔軟剤にこだわっていなかった人も、香りがある柔軟剤を選ぶようになったので、品ぞろえも豊富になりました。メーカーも、どれだけいい香りで提供できるか、そしてそのいい香りをどれだけ長持ちさせることができるか、など様々な工夫をしています。

 

店頭で販売されているときも、多くの柔軟剤の香り見本が置かれるようになっていますので、香りをまずは試してみて、選ぶという人も多いのではないでしょうか。柔軟剤には香りブームが到来しています。

 

柔軟剤の香りで癒され効果

 

柔軟剤を選ぶときには、好きな香りを選びます。そのため、その香りに包まれて生活ができるので、癒され効果は抜群です。好きな香りに包まれているだけで気分がよくなりますし、香水などよりもほのかに香ってくれるので、他の人にも好印象を与えることができます。

 

清潔感もあるので、柔軟剤の香りは嫌味にならないアピールにもなりますね。

 

柔軟剤の香りはいいことばかりではない現状

 

柔軟剤の香りはいいもの、と世間では認識されていますが、やりすぎには気を付けましょう。最近は香りを重視するあまりに、自分自身で柔軟剤をブレンドするなど、こだわりの香りを作り上げる人も増えました。

 

そうなってくると、周囲にはちょっと強すぎる香りを感じさせてしまいます。同じオフィスで働く仲間に強烈すぎる香りを振りまいてしまうとか、洗濯物を干しておくと、隣に家に香りが届きすぎてしまうなど…トラブルの原因にもなるのです。

 

香りには種類があり、すべての人が同じ香りをいい香りと思うわけではありません。そのため、好き嫌いを考えると強烈すぎる香りは避けたほうがいいのではないでしょうか。

 

香水などは、食事のときは控えめに…など香りマナーなどありますが、柔軟剤の香りについてはあまり考えずに使っている人も多いと思います。

 

自分だけいい気分で過ごせていても、周りの人が不快なのに気づかず生活することがないようにしたいですね。ちゃんと香りマナーを守って香り付きの柔軟剤を使うようにしてください。

宅配クリーニング比較ページへ