柔軟剤の選び方、使い分け

柔軟剤を入れると、ただ洗うだけではざらざらで硬かったタオルも、ふわふわになります。中には使わずに洗剤だけで洗濯をする人もいますが、柔らかな感触が好きな人は多く、ご家庭でも柔軟剤は洗濯洗剤とセットで使用しているでしょう。

 

では、柔軟剤はどのように選べばいいでしょうか。柔軟剤の選び方や使い分け方法をご紹介します。

 

柔軟剤の役目

柔軟剤は、繊維を柔らかくするために使います。仕上げ剤、などともいいます。洗濯本来の目的である洗浄・汚れ落としという目的で使われることはないのですが、気持ちよく使いたい衣類を洗うときには、ふんわり仕上げてくれる柔軟剤を使いましょう。

 

なくても洗濯は成り立ちますが、柔軟剤を入れないまま洗濯をすると、繊維が固くなってしまって肌触りが悪くなります。また、繊維が固くなるとシワが寄りやすく、アイロンがけも大変です。

 

香りで柔軟剤を選ぶ人が多い

柔軟剤の選び方
柔軟剤ブームともいえる現象が、最近は起こり始めています。昔は衣類を柔らかくする効果を求めて購入していましたが、最近は香り重視の柔軟剤も増えました。汗をかくといい香りが漂うものや、リラックス効果があるものなど…いろいろな香りが楽しめます。

 

自分の好きな香りを選んで、香水代わりに香りを感じるのもいいですね。

 

洗剤との組み合わせを考えよう

 

柔軟剤を選ぶ方法として、もう一つ考えてほしいのが洗濯洗剤との相性です。同じ洗濯機に入れるので、組み合わせによって感じられる効果が多少変わります。

 

例えば、とにかく汚れをクリアにしたいという場合、汚れ落としを重視した洗剤を使います。アタックやナノックス、トップなどは汚れ落としを重視した洗剤です。そして、その汚れ落としの効果を邪魔せず、なおかつニオイを落としてくれる柔軟剤を選びましょう。レノア、ハミングなどはニオイが落ちやすい柔軟剤として人気です。

 

柔軟剤の香りをたっぷり残したいなら、洗剤自体の香りがあまりないものを、手触り重視なら敏感肌用で洗濯物の繊維を硬くしないものを選びましょう。洗剤と柔軟剤の組み合わせによって仕上がりが異なります。もちろん、基本はどれを合わせても洗濯はできるので、深く考えすぎず、好きな香り・好きな仕上がりの洗剤と柔軟剤を選んでください。

 

柔軟剤ってどれぐらい入れるべき?

 

1回の洗濯で柔軟剤はどれぐらい入れるべきか、悩んだことはありませんか。基本の量は、洗剤の2分の1程度です。柔軟剤は少量でも効果を発揮するようにできているので、洗剤と同じ量入れる必要はありません。また、最近は香りが強めの柔軟剤が増えており、入れすぎると香りすぎるといったデメリットがあります。

 

適量を心掛け、ほんのり香る…程度がおすすめです。

宅配クリーニング比較ページへ