新JISの洗濯表示記号はどのように変わったの?

平成28年12月1日以降に表示される新JISの洗濯表示記号は今までの洗濯表示記号がどのように変わったのでしょうか。詳しくご紹介します!

 

表1 洗い方(水洗い)→から→ 表1 洗濯処理に変更

洗濯表示マーク違い1


温度の表示がたくさん増え今まで、30℃、60℃、40℃、95℃だけだった表示が30℃、40℃、50℃、60℃、70℃、95℃の細かな温度が表示されるようになりました。しかも温度によっては弱い洗濯や非常に弱い洗濯などさらに細かく洗濯の仕方によって区別されています。
記号は洗濯機のような記号から桶のような記号に変更となりました。
洗濯処理の記号は7種類から14種類に増えました!

 

表2 塩素漂白の可否→から→ 表2 漂白処理に変更

洗濯表示マーク違い2

 

漂白処理の表示は2種類から3種類に増えました。
記号はフラスコのような記号から△のマークで表示されるようになりました。
酸素系漂白剤の使用はできるが、塩素系漂白剤は使用禁止という意味の記号が増えました。

 

表3 アイロンの掛け方→から→ 表5 アイロン仕上げに変更

洗濯表示マーク違い3

 

アイロン仕上げに関する表示は種類の数は増えていません。
基本同じような意味ですが、温度のアイロン仕上げができる限度の温度が今までよりも10℃ずつ低い温度となっています。
記号はアイロンの形は同じですが、低、中、高、と表示されていた温度の高さが黒丸の点で表示されています。

 

表4 ドライクリーニング→から→ 表6 ドライクリーニングに変更

洗濯表示マーク違い4

 

ドライクリーニングの表示は3種類から5種類に増えています。
ドライクリーニングできるもの、石油系溶剤によるドライクリーニングができるものの表示にさらに弱いドライクリーニングならできるという表示が追加されています。
記号は円の形には変わりませんが中のマークが変更されています。

 

表5 絞り方→から→ なし

今までの洗濯表示マークには絞り方のマークがありましたが、新JIS洗濯表示マークは省かれています。新しい洗濯表示マークでは必要に応じて「弱く絞る」などの付記用語で表示されることになります。

 

絞ってはいけないマーク

また今までの洗濯表示記号「絞ってはいけない」というこのマークは新洗濯表示記号ではし、表4 自然乾燥記号におけるぬれ干しの記号
ぬれ干しのマーク)においてその意味を含んでいます。

 

表6 干し方→から→表4 自然乾燥に変更

洗濯表示マーク違い5

 

今まで干し方を示していた表示マークは自然乾燥という表示に変更されています。4種類だった記号は8種類に増え、記号も洋服をつるしたようなマークでしたが、新しい洗濯表示マークでは正方形の内部に線のある記号となり、線の方向と本数とによって洗濯処理後の自然乾燥処理の方法を表されています。意味にもぬれ干しという意味が加えられ、洗濯機による脱水や、手でねじり絞りをしない状態で干すことを意味します。

 

新しく追加された記号

以上今までの表示マークはこれだけでしたが、新しいマークにはさらに「 タンブル乾燥」と「ウエットクリーニング」という表示項目が追加されています。

 

表3 タンブル乾燥記号が追加

ダンブル乾燥記号

正方形に内接円のある記号で、洗濯処理後のタンブル乾燥処理を表します。ただし、商業クリーニングにおけるタンブル乾燥処理には適用しません。排気の上限設定温度は、表3 に示すとおり、記号内の1 個又は2 個のドットで表示しています。

 

 

 

表3 ウエットクリーニング処理の記号が追加

ウエットクリーニング処理の記号

ウエットクリーニングとは、クリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗いと仕上げまで含む洗濯です。円の記号でクリーニング操作に関連した情報を提供しています。

 

 

 

 

 

新洗濯表示マーク一覧はこちら

 

宅配クリーニング比較ページへ