室内干しの悩みを解消

雨の日でどうしても洗濯物が外に干せないときや、夜帰ってくるのが遅くなるとき、一人暮らしだからできれば外には干したくない…など部屋干しをしなくてはならない事情もたくさんあります。本当は快晴の外に、洗濯物を干すのが理想ではありますが、生活しているとそうはいかないときもあるでしょう。

 

でも、部屋干しの悩みは多くの人が抱えています。乾きにくい・においが残る・干す場所がない…などいろいろありますよね。それらの悩みを解消できる、おすすめの部屋干し方法をご紹介します。

 

部屋干しこそ、早く乾かすべき

部屋干し
部屋干しのニオイで悩んでいる人は多いはずです。実は、部屋干しのニオイ残りは、早く乾かすことで解消できます。どうしても乾くのに時間がかかってしまう部屋干し。乾かしている時間が長いほど、雑菌が繁殖します。その雑菌が乾いても残ってしまい、部屋干し特有のにおいになっているのです。

 

部屋干しだから乾かないのは仕方がない、時間をかければ乾くから…と放っておくのは禁物です。できるだけ早く乾くように工夫しなくてはいけません。

 

部屋干し専用の洗剤は必須

 

最近は部屋干し専用の洗剤が発売されるようになりました。部屋干し専用とはいえ、普通の洗濯にももちろん使えます。

 

どういう点が違うのかというと、より殺菌力が強力になっているところです。雑菌が繁殖することがニオイの原因なので、できるだけ雑菌が繁殖しないように殺菌してくれます。部屋干しが長く続きそうな梅雨や花粉シーズンは、普通の洗剤とは別に揃えておくと安心ですね。

 

空気の通り道・日の当たる場所を選ぼう

 

部屋で干すときは、できるだけ空気が通りやすく、日が当たる場所を選んで干してください。とにかく早く乾かすために、干す場所をしっかり選びましょう。もちろん、干すときは空気が通りやすいように干しすぎないことも大切です。部屋干しの時は量より質、を重視してくださいね。

 

あまりたくさんの量は一度に干さず、1枚ずつの洗濯物をできるだけ早く乾かすことにこだわってほしいです。

 

部屋の装備をフル活用

 

部屋干しのときには、エアコンや除湿器などを活用してください。とにかく湿気が洗濯物の渇きを遅くします。部屋で干している場合は部屋の内部に湿気が残るので、その湿気の影響で洗濯物の渇きも遅くなります。

 

エアコンのドライ機能や、除湿器などで乾いた空気を常に作ってあげると、空気がからっとして外に干しているときと同じような状態になります。

 

部屋干しの悩みも解消するために、できる工夫はたくさんあります。実践して、部屋干しも怖くない、といえるようになりたいですね。

宅配クリーニング比較ページへ