ワインのシミ抜き

ワインをおいしく味わう時間は、とても優雅で幸せな時間だと思います。しかし、ワインを着ていた衣類にこぼしてしまう、という失敗はよくあります。特に赤ワインは色が濃く、こぼしてしまうとくっきりシミがついてしまい、せっかくの洋服が台無し…という結果になりやすいです。

 

今回は、ワインをこぼしたときに自分でできる、応急処置の方法についてご紹介します。

 

ワインのシミは落とすのがかなり難しい

ワインのシミ抜き
ワインをこぼしてしまうと、頑張って落とそうとしてもついたシミはなかなか落ちないものです。経験したことがある人は、納得していだだけると思います。赤ワインは色素が強いので、そう簡単には落ちてくれません。特に、時間が経過するとともに酸化する特徴があります。酸化したシミはどうしようもなく、漂白をしなくてはならないシミになります。そのため、できるだけ早く応急処置をしてください。

 

ワインをこぼしたら…まずするべきこと

 

外出先でできる応急処置としては、まず水を含んだおしぼりやタオルなどで、できる限りシミを薄くする、という方法です。これはワイン以外にも当てはまるので、ぜひ覚えておいて役立ててください。

 

お手洗いにいくと、ハンドウォッシュがおいてあると思います。水である程度落とした後、ハンドウォッシュを少し取りシミにつけてください。少し馴染ませるとより落としやすくなります。衣類の反対側にはおしぼりやティッシュを置き、反対側に汚れを移すようにお手入れすると、よりシミが落としやすくなります。

 

ハンドウォッシュがついたままでは衣類の色落ちも心配なので、必ず水洗いして残らないように処理し、外出先での応急処置は完成です。

自宅でできる、お手入れとは?

 

外出先から帰ったら、すぐにシミをお手入れしましょう。まだシミがくっきりと残っている場合は、もう一度水洗いをしてください。水に浸しておくだけでもOKです。その後、使うのは台所用洗剤です。台所用洗剤は赤ワインのシミが落としやすいので、素材を傷めないように気を付けてお手入れしましょう。

 

家で使えるシミ抜き剤を使うのもいいですが、やはりクリーニング業者でちゃんとシミ抜きをしてもらった方が、衣類の風合いを損ねずきれいに色を落としてくれるので、おすすめです。

 

ワインは頑固なシミになりやすい、代表的な飲み物です。応急処置をすることで後々かなり助かります。ワインが好きでよく飲む人は、応急処置の方法を知っておきましょう。

宅配クリーニング比較ページへ