ランジェリーの洗い方・干し方

洗濯物の中でも、非常にデリケートで気を付けて洗わなくてはいけないのが、女性のランジェリーです。レースなど繊細な素材でできていますし、型崩れをすると機能を果たさなくなってしまうので、とにかく丁寧に扱いましょう。

 

また、洗濯方法によっても長持ちするかどうかが決まります。洗い方や干し方を知って、正しい洗濯をしましょう。

 

ランジェリー

 

洗濯機で洗うなら洗濯ネットに入れよう

 

ランジェリーは、必ず洗濯ネットに入れて洗いましょう。薄い素材でできたものが多いので、他の衣類と絡まり合って素材が傷んでしまう恐れがあります。

 

また、薄い素材にはホコリなど小さな汚れが付着しやすいです。せっかく洗濯しても、他の衣類の汚れがついてしまう…というのは出来るだけ避けたいですよね。細かいゴミは後で落とすのも面倒なので、最初から汚れがつかないように洗濯ネットは必須です。

 

ブラジャーは手洗いがおすすめ

 

ブラジャーは、型崩れしないように洗わなくてはいけません。ワイヤーが入っていたり、補正機能があるブラジャーも多いので、洗濯機で洗ってしまうと型崩れの危険があります。ソフトやドライコースで洗っても、洗濯槽が回転してしまうので、型崩れしないという保証はありません。

 

手洗いであれば、自分で手加減しながら洗うことができるので、型崩れしないようにブラジャーを洗えます。洗面台などでぬるま湯を溜め、その中に洗剤を入れて洗います。キレイなお湯に変えて何度かすすいだら、最後に洗濯機を使いましょう。脱水のみで、30秒ぐらい脱水したら終了です。

 

型崩れしない干し方

 

干し方で注意してほしいのは、やはりブラジャーですね。丁寧に洗っても、干すときに型崩れする恐れがあります。脱水が終わったブラジャーは、ハンガー干しがおすすめです。身に着けているときのようなシルエットで干してあげると、型崩れしにくいでしょう。

 

日光に当てると繊維が傷みやすいので、陰干しにしてください。ランジェリーを外に干しづらい人も多いと思うので、部屋干しでもOKです。その場合は、部屋干し独特のにおいが残らないよう、風通しがいい場所で干してあげてくださいね。直接肌に身に着けるものなので、生乾きでニオイが…なんてことにならないよう、気を付けましょう。

 

ブラジャー以外に、シルクのキャミソールなどもシワがつきやすいランジェリーです。シワがある部分は濡れている間に伸ばしてあげてください。濡れているときは比較的シワ伸ばししやすいと思います。

 

デリケートな素材なので、洗濯の手間はかかりますが、肌に身に着けるものだからこそ、常に清潔で付け心地のいい状態を保つために、時間をかけてお手入れしましょう。

宅配クリーニング比較ページへ