ボールペンのシミ抜き

日常生活でボールペンは使うことが多いです。でも、ボールペンのシミもできやすいです。液漏れしていてボールペンのシミが衣類についてしまう場合があります。また、ノック式のボールペンは、ついペン先を出したままにしてしまい、ポケットにしまったけどシミが出来てしまった、という話もよく聞きます。

 

ボールペンのシミがついてしまった衣類は、どのような応急処置をするといいでしょうか。

 

ボールペンが水性の場合

ボールペンのシミ抜き
ボールペンのインクには種類がいくつもあります。水性の場合は、その名の通り水を使って根気よくお手入れすると、シミが取れてくれます。とはいえ、水性でも水ですぐに落とせるようなインクでは、ボールペンとして機能しません。そのため、頑張ってもなかなか落ちないので、完全に落とすのは難しいでしょう。頑張りすぎて、衣類が伸びたり毛羽立つ可能性があるので、注意してください。

 

ボールペンが油性の場合

インクが油性のボールペンは、シミを落とすのはかなり難しいです。洗うだけではダメなので、油性の汚れを落とせるものを使用します。身近にあるもので使いやすいのは、マニキュアを落とすときに使用する除光液ですね。除光液なら手に入りやすいので、外出先でもコンビニなどで購入しましょう。

 

必ず裏側にタオルを引いて、綿棒を使いシミをピンポイントにたたいてください。色をタオルに移すようにすると、落としやすいです。ただ、油性のボールペンは落ちにくいので、薄くなる程度で完全に落としきるのは難しいです。

 

乾いてしまうと特に落としづらいため、どうしようもない場合はクリーニング業者で染み抜きをお願いしてください。

 

ボールペンがゲルの場合

 

実は、インクの中でもゲルが一番厄介な存在です。油性でもなく水性でもない、不溶性のシミです。できたばかりなら、水を使って手で揉んだり、ブラシでこする方法があります。これというおすすめのお手入れ方法がないので、ゲルがついたときは時間勝負になるでしょう。基本的に家庭ではできないシミ抜きなので、もしもゲルがついてしまったら、できるだけ早くクリーニング業者に依頼したほうがいいと思います。ボールペンのインクがついてしまったことは説明して依頼しましょう。

 

応急処置としてブラシでこする場合は、素材を傷める可能性も高いのが欠点です。あまりやりすぎないようにしてください。家で頑張って落とそうとすると、その部分だけ色落ちすることがよくあります。摩擦は素材を傷め、さらに色落ちも発生させるので、気を付けましょう。

宅配クリーニング比較ページへ