ブラウスの洗い方・干し方

ブラウスは、一見簡単そうに見える洗濯です。そのため、家で洗おうとチャレンジして失敗した…という例は多いです。

 

ブラウスは簡単そうに見えて実は難しい洗濯物なので、自宅で洗う時は基本をしっかり押さえておきましょう。また、素材によっておすすめの洗い方・干し方があるので、気を付けて洗濯してください。
ブラウスの洗濯の仕方

 

洗濯絵表示は絶対に確認

 

ブラウスの場合、綿・ポリエステル・絹など、素材がいろいろあります。必ず素材を確認してください。素材によって、洗い方は違います。

 

綿のブラウスは洗濯機で洗える確率は高いのですが、それ以外のポリエステルや絹の素材は、洗濯機で洗うと素材が傷んでしまいます。特に、絹は繊細な素材なので洗濯機で洗うのは避けたいですね。水洗い表示があれば、手洗いなどで洗ってもOKです。ただ、その時もあまりゴシゴシ擦って洗わないようにしてください。

 

気を付けたい装飾について

 

ブラウスを洗う際に、気を付けてほしいのは素材だけではありません。ブラウスには装飾が多く、洗濯するだけでシワや乱れが生じてしまいます。特に、ボタンには気を付けてください。ボタン同士が擦れて色落ちしてしまう恐れがありますし、ボタンが素材を傷つけて破れなどに繋がります。

 

大ぶりのボタンは特にひっかかりやすいので、洗濯機で洗う場合は洗濯ネットに入れ、できるだけボタンが自由に動けないようにしましょう。

 

型崩れしないように干そう

 

ブラウスは素材によっても干し方が違います。まず綿とポリエステルのブラウスですが、特にシワになりやすい素材です。干す前に、叩いてシワ伸ばしをしてください。振って大体のシワを伸ばした後、ハンガーなどに干すときに、襟を整え縫い目に沿って少しずつ伸ばしていきましょう。

 

乾いてからのシワ伸ばしよりも、干す前におこなうだけでアイロンの手間がかなり軽減されます。

 

絹のブラウスの場合は、あまり強く振ってシワ伸ばししないほうがいいでしょう。軽く振ってつり干しが理想です。日光に当てると色あせの危険があるので、陰干しをしてください。濃い色は褪せやすいですし、絹の白ブラウスは日光で黄ばむことがあります。

 

干すときのポイントは、とにかくシワを残さずに干すことと、ブラウスの形を崩さないようにつり干しすることです。

 

ブラウスは装飾も多く素材も繊細なので、干して終わりというより、必ず仕上がりはアイロンがけをしましょう。アイロンをかけるだけでかなり風合いが変わります。

 

宅配クリーニング比較ページへ