ドライマーク衣類を正しく洗う

ドライマークがついている衣類でも、自宅で洗えるようになりました。でも、洗ってみたら縮んでしまった…シワが出来てしまった…といった失敗を経験した人は意外と多いです。ドライマークの衣類はデリケートな素材が多いので、丁寧な洗濯をしなくてはいけません。

 

ドライマークの衣類を適切に洗う方法をご紹介します。

 

手洗いが一番安心?

手洗いが一番安心?
ドライマークの衣類は、とにかく刺激を与えずに優しく洗う必要があります。そのため、手洗いが一番安心ですね。手洗いで優しく洗えばOKですが、失敗する確率も実は多いです。何故かというと、手洗いの適切な方法を知っている人が少ないからです。汚れが落ちるようにと手洗いでごしごし洗ってしまったり、汚れが気になる部分をつまんで洗ってその部分だけ伸びてしまったり…いろいろ失敗例はあります。

 

手洗いをするときは、とにかく優しく、素材を伸ばしたり引っ張ったりせずに洗ってください。汚れがひどいときは、無理に擦らずにつけおき洗いをして汚れが浮いてからもみ洗いをするといいでしょう。

 

すすぎはきれいな水に変えて、脱水は時間をかけず洗濯機で行うのがおすすめです。

 

洗濯機のドライコースを活用しよう

 

洗濯機でも、ドライコースや手洗いコース、ソフトコースなど優しく洗ってくれるコースがあります。とにかくデリケートで手洗いじゃないと…という衣類は別ですが、ドライマークも洗濯機で洗って問題ありません。

 

しかし、洗濯機を使う場合は必ず洗濯ネットを使ってください。洗濯ネットを使わないと、たくさんの衣類が絡まり合ってしまいます。繊維が傷つく恐れがあるので、洗濯ネットを使って衣類同士が絡まり合わないようにしましょう。

 

大事なポイントを抑えればドライマークも洗える?

 

ドライマークの衣類を家で洗って失敗した経験がある人は多いので、クリーニング店で洗った方が安心…といつも依頼していませんか。確かにクリーニング店に依頼するとキレイに仕上がりますが、家でも大事なポイントさえ抑えれば十分洗うことができます。

 

自宅で洗うときには、できるだけ衣類を動かさず洗うこと、そして時間を短めに設定することを大切にしてください。洗濯機のドライコースはどちらもできるようなコース設定になっています。

 

また、大切な最後のポイントは洗剤です。ドライマーク用の洗剤を使うことでダメージを最小限に抑え、洗濯を成功させてくれます。必ず洗剤は専用の物を使って洗うようにしてください。

宅配クリーニング比較ページへ