ドライクリーニングってどんな方法?

衣類のタグを見ると、ドライという表示がある衣類も多いです。クリーニングでも、ドライクリーニングという言葉をよく聞きます。では、ドライクリーニングはどのようなものなのでしょうか。今回はドライクリーニングについて、そしてメリットとデメリットをご紹介します。

 

ドライクリーニングとは?

ドライクリーニング
通常の洗濯というのは、水で洗って汚れを落としています。いわゆる洗濯機で洗う方法です。しかし、水洗いは洗い終わった後にシワができやすく、また素材が縮む可能性も高いです。そのため、家庭で洗えない衣類も意外と多いです。

 

そこで、出番が回ってくるのがドライクリーニングです。ドライクリーニングは衣類を傷めずに洗える方法なのです。元々は、1800年代前半にフランスで生まれたクリーニング方法です。水洗いをしてしまうと問題が出る衣類を、水ではなく有機溶剤という石油系の液体で洗います。これにより、衣類が縮まない、色落ちしないままで洗うことができるのです。

 

ドライクリーニングで洗うメリット

 

ドライクリーニングで洗うとどのようなメリットがあるかというと、上でも少しお話しましたが、やはり縮んだり型崩れしにくい、という点が大きいですね。水は繊維を悪くするので、どうしても縮みや型崩れは発生します。シワをつけたくない、形をキープしたい衣類はドライクリーニングがおすすめです。

 

また、水を使わないと洗浄力が心配という人も多いのですが、それも安心してください。ドライクリーニングはちゃんと汚れを落としてくれる有機溶剤を使います。油を使って、油を落とすことができます。そのため、特に油汚れには力を発揮してくれます。

 

水で洗浄して落ちなかった汚れがスッキリ落ちてくれるのも、ドライクリーニングのメリットといえるでしょう。

 

ドライクリーニングのデメリット

 

ドライクリーニングもメリットばかりではありません。デメリットがあります。それは、先ほどお話ししたように、油汚れには強いですが、汗を吸収してしまった衣類などの汚れは落ちにくい、という点です。食べこぼしで油を含まないものだと、あまり効果がない場合もあります。

 

しかし、クリーニング業者はプロです。ドライだから落ちません、では利用する人は納得できないので、ちゃんと汗も落とせるように工夫してくれています。汚れにはピンポイントで染み抜きをするとか、ドライで使う洗剤を変えるなどです。

 

こうしたことはなかなか自宅でできるものではないので、やはりプロに任せるのが安心です。

宅配クリーニング比較ページへ