デニムの洗い方・干し方

衣類の中で、洗濯をするのが難しいデニム。どれぐらいの頻度で洗うべきなのか、洗う時はどこに気を付けたらいいのか…かなり悩みます。色合いが気に入っていたデニムも、洗濯の仕方を間違えると台無しになってしまいます。慎重に洗濯したいですよね。

 

デニムの洗い方・干し方をマスターして、自分のお気に入りデニムを長持ちさせましょう。

 

デニムはどれぐらいで洗うべき?

デニムの洗濯について
デニムはあまり洗ってはいけない、という話、聞いたことありませんか?聞いたことがあり、その影響からかあまり頻繁には洗わないという人は多いです。でも、本当にあまり洗う必要はないのでしょうか。

 

デニムを着用していると、当然汗・皮脂など体の内側からも汚れますし、履いて外を歩けば外からの汚れも付着しています。汚れが付着したままで長く履き続けると、ニオイも強くなるでしょう。汚れは長く放置していると落ちづらくなるので、デニムを洗わないままにしておくと、より雑菌が繁殖して落ちない汚れが増えるのです。

 

デニムの今の風合いを気に入っているから…となると洗うのを躊躇してしまいますが、放置しすぎるとデニムを傷める原因にもなるので、自分で頻度を決めて洗ってください。清潔な状態で常に履きたいなら、もちろん履くたびに毎回洗うのもNGではありません。

 

洗う時に手間をかければ、デニムの風合いが変わるのを防げます。

 

裏返しにしておく

 

デニムは必ず単独洗いです。色落ちしやすいので、他の衣類に色が移ってしまうからです。また、色落ちを最小限に抑えるために、裏返しにして洗いましょう。もしも心配であれば、洗濯ネットに入れるといいですね。洗濯ネットに入れれば繊維が擦れるのを防ぎ、色落ちしにくいです。

 

ジッパーやボタンなど、装飾品はすべて閉めておきましょう。

 

温度は低めで洗おう

 

洗濯物の汚れ落ちを重視する場合、使う水の温度はできるだけ高いほうがいいといいます。ただ、デニムの場合は水で洗う方がいいでしょう。お湯は色あせを作る原因になります。もちろん、漂白剤などを使ってはいけません。

 

日陰で筒干し

 

デニムを干すときは、日陰にしてください。これも色落ちと繊維のこわばりを防ぐためです。日光で干していると、次履いたときにバリバリしていて履きづらい…といった経験をしたことはありませんか?そのバリバリした感じが防げます。

 

できるだけ早く乾かすためにも、裏返しのままでいいので筒干しにしてください。空気を送り込ませると早く乾いてくれます。

 

大事にしているデニムだと、洗うのを躊躇してしまいます。でも、洗わないままでのデニムは傷む一方なので、定期的に洗う習慣をつけましょう。

 

 

宅配クリーニング比較ページへ