ダウンジャケットの洗い方・干し方

冬の防寒着として必須となっているダウンジャケットは、温かくてとても着心地がいいと思います。しかし、汚れてしまったときにどうやって洗えばいいのか…と悩むでしょう。ダウンジャケットはクリーニング業者でしか洗えないと思っている人は多いのですが、シーズンの途中で洗いたくなった場合、そのたびにクリーニング業者に出すのは大変ですよね。

 

今回は、自宅でのダウンジャケットの洗い方。干し方をご紹介します。

 

羽毛の衣類

 

洗濯の絵表示をチェックしよう

 

ダウンジャケットは自宅で洗えますが、すべてが洗えるわけではありません。絵表示を見て、洗えるかどうかを確認しましょう。

 

洗濯機マークや手洗いマークがある場合は、洗えるダウンジャケットとして販売されていると思います。洗濯機マークであれば、大きなネットに入れて洗濯機を使って洗えるので、自宅で洗うのは簡単です。

 

ドライマークのダウンジャケットは、ドライのみしかできないという絵表示ですが、物によっては自宅で洗濯ができます。最近はドライマークでも自宅で洗える洗剤が発売されています。

 

特殊な素材を使ったダウンジャケットに注意

 

ダウンジャケットの内側には羽根が使われていますが、表の素材はそれぞれ違います。革を使っている場合は当然水洗いすることはできません。使われている素材に気を付けて、何でも洗ってしまうことがないようにしましょう。

 

ダウンジャケットの手洗い方法

 

手洗いは、ダウンジャケットを傷めないように洗える最適な方法です。洗濯に使うのは、30℃か35℃ぐらいのぬるま湯にしましょう。溜めたぬるま湯の中に、洗剤を薄めて全体的に洗剤が行き届いた状態にしてから、ダウンジャケットをたたんだ状態のまま浸していきます。

 

揉んで洗うのではなく、押し洗いが基本です。何度か押し洗いした後、すすいでから脱水します。脱水は洗濯機でOKですが、1分ほどで終了してください。長い間脱水していると、中の羽根が偏ってしまいます。

 

ダウンジャケットは早く乾かそう

 

干し方ですが、ダウンジャケットはハンガー干しが最適です。全体に空気が送り込まれるようにして、できるだけ早く乾かすようにしましょう。また、日光に当たると色あせなどの原因になるので、陰干しが基本となります。

 

1日干しただけでは乾いていない可能性があります。中の羽根が乾かないままでクローゼットなどに保管すると、カビが生えやすくなるので気を付けてください。できれば天気のいい日が2.3日続くようなときに干すことをおすすめします。

宅配クリーニング比較ページへ