スニーカーの洗い方・干し方

洋服よりも、汚れを防ぎにくいのが、靴です。中でも、汚れやすい場所に行くときに選びがちなスニーカーは、泥汚れなどもつきやすいでしょう。大人はもちろんですが、子供の場合は外で遊んだときなど、すぐにスニーカーが真っ黒…なんてこともよくあります。

 

できればきれいな状態を常に維持したいけど、汚れるものはしょうがない…と割り切って、汚れがついている状態で履き続けていませんか?
ここでは、スニーカーの洗い方や干し方をご紹介します。
汚れたスニーカー

 

心配なのはスニーカーの雑菌

スニーカーの汚れは、見た目が悪いという問題だけではありません。実は足はとても汗をかきやすい部位で、知らない間に足の裏からは大量の汗が出ています。そのままにして長く履いていると、金が繁殖して不衛生な状態です。

 

せっかくきれいに洗濯した靴下を履いていても、雑菌が繁殖している靴に足を入れてしまえば、その時点で靴下の雑菌だらけに変わってしまいます。

 

雑菌を付けたまま家に上がってそこらじゅうが菌だらけ…という状況になるので、靴の雑菌は出来る限り少なくしておかなくてはいけません。

 

洗えるスニーカーの素材

 

スニーカーの素材として使われているものは、綿や革などですね。もちろん革製品は気軽に洗うことができないので、殺菌スプレーなどでこまめに対処しながら、革のお手入れをする方法が最適です。

 

しかし、綿のスニーカーであれば洗うことができます。綿以外にも、麻やポリエステルなどもOKです。判断基準は洋服と同じように考えてください。洋服で使われている素材で、家庭では洗えない素材は洗わないようにしましょう。

 

 

スニーカーの洗い方

 

洗う前に、紐があるスニーカーの場合は紐をすべて取り外してください。インソールもできる限り外したほうがいいと思います。

 

準備ができたら、ぬるま湯に洗剤を薄めた洗い桶を用意します。ここでポイントなのが、ぬるま湯という点です。水よりもぬるま湯のほうが汚れが落ちやすいので、無理な力を入れて擦らなくても汚れが落ちやすいように、ぬるま湯を使用します。

 

最初は水につける前に、落とせる泥汚れなどは落としてしまいましょう。それでも落ちない汚れは水洗いで落とします。使う洗剤についてですが、最近はスニーカーを洗うための洗剤があります。白いスニーカーを白くしてくれるようなものもあるので、探してみるといいでしょう。しばらく付け置きをして、落としづらいスニーカーの内側の汚れも落としてくださいね。

 

付け置きの時間に、取っておいた紐や中敷きなども洗っておくと効率がいいです。

 

全体的に水洗いをして落ちない汚れがあれば、部分用洗いとして発売されているスプレータイプの洗剤もおすすめです。ピンポイントで汚れを落としてくれます。

 

スニーカーの干し方

 

スニーカーを干すときは、陰干しで空気が内側まで入り込みやすいよう、立てかけて干すといいでしょう。ただ、問題は型崩れです。乾いてから型崩れして履きにくくなっては困るので、新聞紙を入れて形を整えます。

 

スニーカーは自宅で洗えますが、頻繁に洗っていると型崩れが自然と起きやすくなるので、汚れ防止のスプレーなどをしながら、できる限り洗う頻度を減らしましょう。

 

靴クリーニングの宅配もあります!

なんと靴のクリーニングの宅配もあるんです。靴のカビ、臭い、汚れ、をキレイに落とします!!消臭、補色、撥水で靴を蘇えらせることもできます!

靴の宅配クリーニング

累計実績57.000足以上
雨じみのムートンブーツからサンダルまで、さまざまなブランドにも対応しています!

こんな靴の悩みの人におすすめ!

  • 高かった靴をきれいにしたい。
  • ムートンブーツ汚れすぎてもう履けない
  • シーズンオフの靴の収納に困っている
  • 靴のお手入れがしっかりできていない

靴の宅配クリーニングの魅力

  1. 宅配だから家にいたまま出せる!
  2. 招集、除菌、汚れ落ち率96%以上
  3. 靴箱もすっきりする保管サービスもあり!
  4. 職人の手仕上げでお手入れがおまかせできる!
  5. ネットで注文するだけで家まで引き取りにきてくれ届けてくれて楽!

靴のりネット詳細はこちら

宅配クリーニング比較ページへ