シーツの洗い方・干し方

1日の3分の1の時間を使う、睡眠。寝具の状態で睡眠の質も変わるというので、こだわっている人も多いのではないでしょうか。

 

その中でも、寝心地を左右するシーツはとても大切です。毎晩清潔な状態で眠りにつくために、シーツの洗い方や干し方にもこだわりましょう。

 

シーツ

 

まず知っておきたい、シーツの洗濯頻度

 

シーツを洗う前に、知っておきたいのはシーツの洗濯するべき頻度です。人や家庭によってさまざまだと思いますが、寝ている間に汗や皮脂が出ていることを考えると、やっぱりこまめに洗濯したいですね。目に見えないダニなどがたくさん増殖している中で眠るのは、気持ちがいい睡眠とはいえません。

 

頻度としては、週に1回ぐらいが理想です。それ以上洗う人もいると思いますが、多くても週2ぐらいが限界だと思います。毎日洗うとなると、干す場所にも困りますし、洗濯機もシーツのために回さなくてはいけないので、現実的ではありません。無理しすぎない程度に洗濯の頻度を決めて、洗うようにしましょう。

 

洗濯機に入れて終わり、ではないシーツ

 

シーツは洗濯機に入れれば勝手に洗えているから、別に洗い方なんてないのでは?と思うかもしれませんが、実は適切な洗い方があります。

 

まず、洗濯機に入れるときが大事です。洗濯機にぐちゃぐちゃのまま入れるのではなく、できれば畳んで、洗濯ネットに入れてください。ぐちゃぐちゃのまま入れると、中で絡まり合って繊維が傷みます。

 

部分汚れは落としておくこと

 

シーツに汚れがあるときは、衣類と同じように前処理をしておきましょう。部分的な汚れには専用の洗剤を使います。大きいのでチェックしきれないかもしれませんが、洗う前には必ずチェックしておいてください。

 

日差しは避けて干すこと

 

干し方の基本は、日差しを避けることです。日差しに当てすぎると、シーツの風合いが変わって肌が擦れると痛いシーツになってしまいます。繊維が傷んでいる証拠ですし、シーツを使用できる期間も短くなります。

 

物干し竿などで、できるだけ全体に風が通りやすいように干します。物干し竿を2本平行にかけ、シーツをその上にのせてM字に干すと、より一層乾きやすくなります。できるだけ早く乾くことで、シーツの繊維が傷まずに済みます。

 

清潔なシーツで眠りにつく瞬間は、とても気持ちのいい瞬間です。毎日ずっと洗いたてというわけにはいきませんが、週に1回はリフレッシュの気持ちで、洗濯をしてみてはどうでしょうか。

宅配クリーニング比較ページへ