シャツの脇の黄ばみの落とし方について

お気に入りの洋服、気づいたらワキの部分が黄ばんでいた…なんて経験はありませんか?ワキの黄ばみを発見するとショックですし、一度ついてしまうと落ちづらいので、着れなくなってしまうこともあるでしょう。
しっかりと洗濯をしてお手入れしているつもりでも、知らない間に黄ばみが発生してしまうのが、ワキなのです。どうしてワキの黄ばみは発生してしまうのか、気になる黄ばみを落とす方法についてご紹介します。

 

ワキの黄ばみの原因

ワキは汗腺がとてもたくさんある場所です。緊張したときや暑いとき、ワキって汗をかきやすいですよね。でも汗なら全身にもかくし、だったら洋服が全体的に黄ばむはず…と思うでしょう。ワキだけが黄ばんでしまうのには、理由があります。それはワキになる汗腺は、アポクリン腺が多いからです。汗腺はエクリン腺とアポクリン腺にわけられていて、エクリン腺は全身いろいろなところにある汗腺で、99%が水分でできている汗を作り出します。しかしアポクリン腺から出る汗は、たんぱく質や脂質などを含んでいるので、ニオイや黄ばみが発生しやすい汗ということです。
その影響で、ワキから汗が出て、それが衣類に付着すると黄ばんでしまう、というわけです。

 

制汗剤

ワキの汗が気になる人の中には、制汗剤を使っている人も多いでしょう。ワキに汗をかきたくないから制汗剤を使うのですが、黄ばみを何とかしたいと思っている人には、あまりオススメできません。反対に黄ばみをひどくしている可能性があります。

 

制汗剤を使うと、身体に滞在している細菌と制汗剤の化学成分が合わさって、違う物質になって衣類に付着してしまうことで発生します。通常の汗よりも、化学成分が合わさっている分頑固な黄ばみになりやすいでしょう。汗を気にして制汗剤を使った結果、汗は抑えられても黄ばみがひどくなる…という問題が発生してしまいます。

 

最善の対策は、汗をこまめに拭く

汗による黄ばみも気になるし、制汗剤を使った黄ばみも嫌…となれば、できる最善の対策は汗をこまめに拭くことです。汗をかいたら放っておかずに拭く、常に清潔な状態に保っておく、というのが理想ですね。
一度ついてしまった黄ばみは、自宅で洗ってもなかなか落ちないことがよくあります。自宅で落ちないものは、一度クリーニング店に相談してみましょう。プロの技でワキの黄ばみもスッキリ落としてくれるはずです。黄ばみ対策をして、気持ちよく服を着られるといいですね。

宅配クリーニング比較ページへ