シミをキレイに落としてもらう方法

自宅で気軽にデリケートな衣類も洗えるようになりましたが、それでも自宅では落としきれない汚れもあります。シミは、どれだけ頑張っても落ちなかったという経験はありませんか?

 

そういう時に、利用したいのがクリーニング業者です。クリーニングを依頼する際、シミ抜きを依頼するときのポイントをご紹介します。

 

シミ抜き

 

シミ抜き依頼はシミの種類を伝える

 

シミ抜きといっても、シミには様々な種類があります。性質が違うので、クリーニング業者としてはシミの種類を伝えてもらわないと落とせないのです。使う薬剤も変わってきますし、どういう方法でシミ抜きをしていいのか、業者側も情報がないとどう対応するべきか悩みます。

 

見てわかるシミならいいのですが、判断しづらいシミのままで依頼することがないようにしてください。シミがどんな種類なのかまではわからなくても、どんな時についたのか、何をつけてシミになってしまったのかは、依頼する側が申告する必要があるでしょう。

 

シミ抜きがしたいなら早く持っていく

 

シミはプロなら何でも落としてくれる気がしてしまいますが、実はそうではありません。中にはどれだけ頑張っても落とすことができないシミもあります。

 

特に落としづらいのは、シミがついてからかなり時間が経ってしまったものです。時間が経つとともに繊維の中にシミの汚れが入り込んでいき、頑張っても落とせないのです。できるだけ早めに持っていけば落とせる確率はアップします

 

大切な衣類にシミがついてしまったら、すぐにでもクリーニング業者に持ち込んでシミ抜きを依頼してください。早ければ早い対応をおすすめします。とにかく、早く!というのが大切です。

 

シミ抜き専門の業者を利用するのもおすすめ

 

シミ抜きは、クリーニング業者でも限界があります。シミ抜きを依頼して、せっかく別料金を払ってやってもらったのに、きれいにならずに返却された経験はありませんか?落ちるかどうかはやってみないとわからないですし、シミ抜きができずに戻ってくる場合もあります。

 

でも、シミ抜きを専門で行う業者もあります。シミ抜きだけにこだわっているので、他のクリーニング業者では落ちなかった頑固なシミも、きれいに落としてくれる可能性は高いです。どれほどの腕があるかによって変わってしまいますが、どうしても落としたいシミがある場合は、専門店に依頼するのが確実です。

 

シミがあるだけで、もう着れないと思ってしまう人が多いですが、シミ抜きを依頼していつまでも長く着られるようにしましょう。

宅配クリーニング比較ページへ