コーヒーのシミ抜き

コーヒーのシミは、外出先でできてしまうことが多いシミのひとつです。コーヒーのシミが出来て、なかなか落とすことができない…といった経験をした人は多いのではないでしょうか。

 

今回は、できてしまったコーヒーのシミへの応急処置をご紹介します。

 

コーヒーのシミは意外と落としやすい?

コーヒーのシミ抜き
コーヒーのシミは水溶性のシミなので、コーヒーをこぼしてすぐなら、水洗いである程度の色は落ちます。ただ、外出先ではすぐに洗える状況ではありません。そのため、時間の経過とともにコーヒーのシミは取れにくくなります。よくコーヒー染めという方法もあります。その方法を見てもわかるように、時間が経ってしまうとシミは落ちないのです。

 

外出先でできることといえば、水で濡らしてシミを落とすことです。脱いで洗えないので、こぼした部分に水を染み込ませて、叩いて落とすといいでしょう。その時中性洗剤や手を洗う洗剤があれば、つけて洗うとより落ちやすいです。

 

家でも必ずお手入れをしよう

 

外出先ですぐに応急処置ができた場合、コーヒーのシミは落ちやすいです。そのため、ほとんど目立たなくなって、そのまま洗濯機で洗うだけで大丈夫、と思ってしまう人も多いです。確かに、コーヒーのシミは落ちやすく、応急処置だけでほとんど目立たなくなるかもしれません。でも、完全に落ちているわけではないのです。

 

ちゃんと自宅に帰ってから、シミ抜きを使ってお手入れしましょう。漂白剤を使ってもいいでしょう。うっすらと残っているシミも撃退しておかないと、頑固なシミになって時間の経過とともに目立ちます。

 

メンテナンスもかねてクリーニング業者へ依頼

 

コーヒーのシミは落ちやすく自宅でお手入れが可能ですが、より確実にシミを落としておきたいなら、メンテナンスもかねてクリーニング業者へ依頼しましょう。その際、シミができた部分を指定して、シミ抜きをしてもらうとキレイになります。

 

クリーニング業者はプロなので、自宅で落としきれないシミもキレイになるでしょう。ただ、何年も経過したコーヒーシミは落としきれないこともあります。当然、生地の繊維が染まってしまうので、なかなか落とせないのです。

 

頑固な汚れになる前に落とす、できるだけ早く対策をする、これはコーヒーシミだけではなく、あらゆるシミ全般にいえることです。できるだけ早い応急処置をした上でプロにお任せできるよう、自分でおこなう応急処置は必ず覚えておいてください。

宅配クリーニング比較ページへ