クリーニング屋に出す前に自宅で確認すべきポイント

・ポケットの中に何か入れっぱなしになっていないか
・破れやほつれの有無の確認(事前に把握しておく事が大切です)
・外れそうなボタンがあった場合は取るか付け直しをする
・洋服の素材に特殊なものが使われていないかどうか理解しておく
・洋服の種類、形状を把握しておく
会社で使うスーツやシャツ類、大切な冬物ニットや厚手のコート等、自宅での洗濯だけではなくクリーニングを利用している人は多いと思います。しかし、クリーニングに出す前に上記全ての内容を確認している人は少ないのではないでしょうか。

 

上の三つの項目に関しては、店舗に出した際にも確認をされますし、自身で気を付けている人も多いと思いますが、下の二つはいかがでしょうか。
店舗によっては、シルク等の素材が使われている時に、通常での仕上げをすると縮んでしまったりする為に別洗いでの方式、料金をとっている場合があります。クリーニングに出して戻ってきた後の問題を防ぐ為にも、店員さんも確認してくれるかもしれませんが予め洗濯表示を自身で見ておく事が大切です。
次に、種類と形状等を確認しておく理由ですが、クリーニング店員全員が洋服のプロというわけではありません。入ったばかりでよくわかっていない人が受付を行っている場合もあるのです。スカートも、プリーツやフレア、ロングスカート等種類毎に料金設定が異なる店舗もあります。クリーニングに出した時に、間違った料金で受付されないよう自分自身でどのようなタイプなのかを把握しておく事も大事なのです。

 

クリーニングに出してからのトラブルをなくし、更には本来よりも多い金額を払わないよう、クリーニングに出す前に、もう一度自宅での見直しをしてみて下さい。

宅配クリーニング比較ページへ