クリーニング業者の水洗いとは?

クリーニング業者に衣類のクリーニングを依頼すると、いろいろな方法できれいにしてくれます。その中でも、メインとなるのがドライクリーニング、もしくは水洗いになります。でも、クリーニング業者ではどのような水洗いをしているか知っていますか?

 

クリーニング業者の水洗いのやり方について、ご紹介します。

 

クリーニング業者の水洗い

 

水洗い=洗濯機と一緒ではない

 

水洗いと聞くと、とても簡単そうなイメージがあります。ただ水で洗うだけだったら、自宅で行っている選択と変わりがないのでは?と考える人もいるでしょう。確かに、自宅で行う洗濯も水洗いの一つです。水を使って洗うのであれば、どんな方法でも水洗いと呼んで問題はありません。

 

しかし、クリーニング業者の水洗いは家庭で行う洗濯機の水洗いとは少し違います。同じであれば、お金を払ってクリーニングしてもらう意味がありませんよね。

 

ランドリーとウェットの違い

 

クリーニング業者でやってもらう、水洗いは、主にランドリーとウェットに分けられます。ランドリーに関しては、家庭でも行う水洗いと考えてもいいでしょう。もちろん。プロがやる以上はシワがないように丁寧に仕上げてくれるので、そういう意味では家庭で行う水洗いとは異なりますが、洗濯方法は基本的に同じです。

 

違うのは、ウェットの方ですね。ウェットはシミ汚れなど、ドライクリーニングでは落ちにくいシミに対しての効果を発揮してくれる水洗い方法です。水洗いをすると、縮みや型崩れなどが心配になるものはドライクリーニングでお願いするのですが、それではシミが落ちない…というときは水洗いのウェットでクリーニングするのがおすすめです。

 

水洗いの良し悪しが業者の良し悪し

 

水洗いをしてもらったとき、プロにお願いしたのに、縮んだり型崩れしている…という仕上がりでは納得できません。だったら自宅で洗っても同じだったのでは?と思うようなことがあってはいけないのです。

 

そのため、水洗いをしっかりと仕上げてくれるかどうかが業者の良し悪しを決めます。最近は水洗いを薦めるクリーニング業者が増えました。オプション料金がかかるので、利益重視でおすすめする業者があるのも事実です。

 

汚れが落ちてスッキリするのなら…とお願いする人も多いと思いますが、せっかくの衣類が縮んだり型崩れすることがないよう、水洗いをお願いするときは水洗いの仕上がりに自信がある業者を探したほうがいいと思います。
適切に水洗いを利用すれば、落ちなかったシミが落ちたり、汗を含んだ衣類がスッキリしたり、いいことはたくさんあります。

宅配クリーニング比較ページへ