夫のお気に入りのシャツが水色に…

先日、夫が久しぶりの高校の同窓会に行くというので、お気に入りのシャツを探していました。
そのシャツは、2年前の夫の誕生日に、私が夫の好きな洋服ブランドで買いプレゼントしたものでした。
夫もとても気に入ってくれ、おしゃれをしたい時によく着てくれていました。
白いシャツに薄いピンクのストライプ柄で、シンプルですが凝ってみえる、おしゃれなシャツでした。
クローゼットや押入れを探してもシャツは見つからず、普段使っていないトランクの中や洗濯機の後ろや子供たちのタンスなどひと通り探しましたが、見つかりません。
1日中、夫と2人で探しましたがやはり見つからず、だんだん嫌な予感がしてきました。
嫌な予感は的中して、お気に入りの夫のシャツは、普段使っているクローゼットにかかっていました。
ただ、真っ白だったシャツが水色に染まってしまっていました。
長男の幼稚園の行事で使った真っ青のテーシャツと一緒に夫のシャツを洗ってしまっていたのです。
ただ、本当にきれいな水色に染まっていたので、夫にもそれほど怒られずに、夫もその水色に染まったシャツを着ていこうか悩んだほどです。
やはり色ものを洗濯する際は、白いシャツやタオルは絶対に一緒に洗ってはいけないと反省しました。

宅配クリーニング比較ページへ