クリーニングのトラブル

クリーニングに出せば、自宅では落としきれなかった汚れが落ちてくれたり、家で洗うとシワになってしまう衣類もキレイになって帰って来てくれたり…嬉しいことはたくさんあります。お金を払って依頼するのですから、家で洗うよりもいい状態で衣類が戻ってくることこそ、サービスといえるでしょう。

 

しかし、クリーニングに出したからといって、すべての衣類がいい状態で戻ってくるわけではありません。中には、クリーニングに出したから起こるトラブルもあります。そのようなトラブルが起きた場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

クリーニングのトラブルや、そのトラブルに対する補償内容や対応についてご紹介します。

 

風合いが変わってしまった例

色落ちなどのクリーニングのトラブル
クリーニング業者へ依頼したことをきっかけに、以前と風合いが変わってしまった…という場合、クリーニング店で基本的に賠償という形になります。ただ、表示タグ通りにクリーニングをした結果の風合いの変化だった場合、元々メーカー側のミスという可能性も考えられます。

 

難しいところなので、メーカーも含めた話し合いになる可能性があります。

 

縮んでしまった例

 

クリーニングから戻ってきたら全体的に縮みが発生していた…というトラブルも多いです。特にセーターや、縮みが発生しやすい生地の綿・麻・絹・レーヨン・キュプラなどを使ったブラウスやシャツに起こりやすいでしょう。

 

縮みは水洗いで繊維が縮まり発生している可能性があるので、縮んだことをお店へ伝えてください。メーカー側が縮んでしまう生地を使った…という理由もありえますが、基本は衣類として発売されるものは、1度や2度洗ったぐらいでは縮むことはありません。

 

クリーニング店ではクリーニング事故賠償基準が定められているので、その基準に基づいて賠償してもらえると思います。

 

シミが取れていなかった例

 

シミが取れていなかったというトラブルはよくあるのですが、シミの場合は事前に申告していたかどうか、で対応が変わります。クリーニング店はシミ抜きを依頼された部分のみを重点的に対応します。通常通り出されたクリーニングの場合、衣類全体をキレイにするだけなので、言っておかないと対応してもらえないのです。

 

シミには種類があるため、どんなシミなのかによってシミ抜きの方法は違うので、事前に必ず申告してください。

 

申告した上で落ちていないという場合、まずはクリーニング店に相談しましょう。中にはどうしても落としきれないシミもありますので、後は話し合いになるでしょう。

 

破損していた例

 

返ってきた衣類が破れていた、ボタンがとれていた、糸がほつれていた、ファスナーがしまらなくなったなど…破損していた場合、原因はクリーニング店にある可能性が高いです。クリーニング店が依頼された時点で、すでに破損しているところがないか、洗うと破損してしまいそうなところはないか確認する必要があります。

 

ただ、トラブルを避けるためにも、事前に自分で衣類の状態をチェックしておくといいでしょう。

 

衣類が紛失してしまった例

 

クリーニング店で紛失してしまった衣類は、賠償の対象になります。まずは紛失した衣類がどこに行ってしまったのか、探してもらうことになります。違うお店へ配送されたとか、宅配クリーニングの場合は違う人へ送られていないかなど…まずは見つかる可能性に期待して探します。

 

紛失したからお金で賠償…というよりも、大事にしていた衣類が見つかったほうがいいですよね。完全に紛失してしまったら、賠償になります。ドライクリーニングという水のかわりに有機溶剤を使って洗う方法の場合はクリーニング代の40倍、ランドリークリーニングという洗剤を使った温水で洗う方法の場合はクリーニング代の20倍という賠償額になっています。

 

トラブルなくクリーニングから戻ってきてくれるのが一番ですが、もしもトラブルが起きてしまったら…基準を元に話し合う必要がありそうです。

宅配クリーニング比較ページへ