クリーニング出来ないもの

宅配クリーニングは、店頭に持ち込みしなくてもクリーニングが依頼できるので、かなり便利なクリーニングサービスです。しかし、なんでもクリーニングしてもらえるかというと、そうではないので、気を付けてください。今回はクリーニング出来ないものについてご紹介します。

 

一般的にクリーニング出来ないもの

クリーニング出来ないもの
クリーニング店でクリーニング出来る標準的なものは、ドライクリーニングもしくは水洗いクリーニングが可能とされている衣類です。それ以外は特殊な扱いになるので、一般的にクリーニングは出来ないものとして扱われます。

 

特殊なクリーニングは専門店で依頼

 

ただし、それ以外はクリーニング出来ないのかというと、そういうわけではありません。クリーニング店によって、クリーニング可能な品物が違います。布団・カーペット・カーテン・革製品など…特殊なクリーニングが必要になる場合は、依頼したいクリーニング業者で扱っているかどうかを確認しましょう。

 

装飾が多い衣類や、ダメージ加工が強い衣類など、衣類であっても状態によっては特殊クリーニングが必要になります。

 

一般のクリーニングと特殊なクリーニングの違い

 

特殊なクリーニングとしてご説明した品物は、一般のクリーニングでは扱うことができません。それはどうしてかというと、クリーニングの工程や処理方法が全く違うからです。たとえば革製品を一般のクリーニングで依頼したらどうなるかというと、革が縮んで硬くなってしまいます。品質を損ねる恐れがあるため、それぞれデリケートな素材や特殊な加工がされているものは別でクリーニングしているのです。

 

クリーニングはプロの行う洗濯ですから、業者もこだわって仕上げています。クリーニング業者の得意とする分野もあるので、できれば依頼したい品物を得意としている業者がいいでしょう。一つの品物だけを専門で行う業者もあるので、より理想的に仕上げてくれます。

 

特殊なクリーニングの料金

 

一般的なクリーニングより、特殊なクリーニングのほうが料金は高いです。しかし、その分手間がかかっているので、料金が高くなるのは仕方がないと思います。中には扱う品物によっては手作業できれいにしてくれるクリーニング業者もあります。

 

大切にしている品物だからこそ、ちゃんと手入れをして長く愛用できるようにしたいものです。クリーニングもちょっと高くても、しっかりキレイにクリーニングをしてくれる業者に依頼しましょう。

宅配クリーニング比較ページへ