ぬぐるみの洗い方・干し方

お気に入りのキャラクターだったり、お土産でもらったり…どの家庭にも一つはぬいぐるみが置いてありませんか?ぬいぐるみは置いてあるだけなので、洗おうと思うことはないかもしれませんが、長い間置いてあるだけのぬいぐるみは、結構汚れがついています。また、小さなころに一緒に寝ていたとか、いつも持ち歩いていたというぬいぐるみなら尚汚れが気になりますよね。

 

ぬいぐるみの洗い方や干し方をマスターして、ぬいぐるみを洗って清潔にしましょう。

 

ぬいぐるみ

 

洗えるぬいぐるみかを選別しよう

 

ぬいぐるみには、いろいろな加工や装飾がついている場合が多いです。そのため、ぬいぐるみは清潔な状態にするために洗ったほうがいい、といっても、実は洗えないぬいぐるみもたくさんあります。

 

代表的なのは、中に機械などが入っているぬいぐるみです。電池を入れたら話す、などのぬいぐるみです。それ以外にも、中身が洗うと硬くなるような詰め物を使っているとか、濡らすと色が落ちるぬいぐるみも家庭では洗えません。

 

繊細な装飾で、水洗いすると装飾が取れてしまいそうなぬいぐるみもNGです。

 

ぬいぐるみは手洗いが基本

 

家庭で洗うときには、手洗いにしてください。洗濯機で洗う方法もありますが、おすすめできません。何故かというと、ぬいぐるみが洗濯槽の中で回転しすぎて、風合いが損なわれてしまうからです。キレイにはなるかもしれませんが、思い出のぬいぐるみらしい面影がなくなる可能性があります。

 

手洗いの方法は衣類と同じで、桶などにちょっとぬるめのお湯を入れて、洗剤を混ぜます。使用するのは、おしゃれ着洗い用の優しいものがおすすめです。

 

押し洗いをして、その後水を入れ替えながらすすぎをしたら、押して軽く水分を飛ばします。その後、タオルで水分を吸収するように包んで、脱水は洗濯機に入れましょう。長くても10
秒ぐらいで終えて、洗濯完了です。

 

平置きで干すほうが安心

 

ぬいぐるみの干し方に決まりはありませんが、平置きでどの部分にも負担がかからない状態が理想です。乾きやすいように、風通しがいいところに干してください。なかなか乾かないままだと、内部でカビなどが発生する危険があります。

 

毛が長めのぬいぐるみはブラッシングも必要です。できれば乾ききる前にブラッシングしてほしいので、8割方乾いたらブラシを使って毛並みを整えましょう。

 

大切にしていきたいぬいぐるみだからこそ、汚れがひどくなる前に丁寧に洗って、清潔にしておきたいですね。

宅配クリーニング比較ページへ